直木賞作家・桜木紫乃に表現を与えた一人のストリッパー

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月14日 11時40分

写真

『ダ・ヴィンチ』2月号(KADOKAWA メディアファクトリー)

直木賞受賞作となった『ホテルローヤル』で一躍、ベストセラー作家になった桜木紫乃。既成の幸福ではない、それぞれの幸せを透徹な視点で見つめ続ける彼女をつくったものとは? 『ダ・ヴィンチ』2月号ではその作品と彼女のすべてに迫っている。

関連情報を含む記事はこちら

 新人賞受賞から5年半、書いても書いても活字にならない雌伏の時代、桜木さんは、今につながる運命的な出会いを果たす。きっかけは、たまたま目にした北海道新聞の、ある人気ストリッパーのインタビュー記事。そのなかでとくに衝撃を受けた“自分という原石を磨くのは自分だけ”という言葉――。どうしても、この人に会って話を聞きたい。桜木さんは矢も盾もたまらず、出版社のツテを頼り、彼女への取材を頼み込んだのだという。

「それまでストリップというものは男の人が行くものだと思っていたんですけれど、彼女のその言葉に圧倒的な気概を感じて劇場に行きました。それはもう美しいとしかいいようのない世界だったんですね。それでどうしても彼女のことが書きたくなって、取材にうかがったら、彼女はやはり、その記事通りの人で。開口一番、“桜木さん、私のことを鬼とも悪魔ともどうぞお好きなように書いてくださってけっこうです。表現者としてできる限りの協力をします”と言ってくださった――。私はそのとき初めて、“表現者”という言葉にも出会ったんです。私もこんな人になりたいと、心から思いました。ストリップと文章と、表現は別だけれども、私もいつかこんな表現者になりたいと思ったんです」

 ひとりの稀有なストリッパーとの出会いで開かれた表現者としての目――。その後、桜木さんは、写真家のマイケル・ケンナや森山大道をはじめ、さまざまなジャンルの表現者から、多大な刺激を受けたのだという。

「たぶん、私が思う表現者というのは、そのためにどれだけひそかに血を流したか、ということ。だから、ストリッパーにしろ、音楽家にしろ、どんなジャンルでも私が惹かれてしまう人は、“孤独”と“予感”を持っている。写真でいえば、マイケル・ケンナと森山大道のおふたりは作品を見るたびに刺激を受けるんです。一見、まったく正反対の世界を写しているようだけれど、私には同じものを表現しているように思えてしかたがない。たとえばマイケル・ケンナのモノクロームの風景写真は、まさに人間の心そのもの、撮る側の孤独と救いを映し込んだ心象風景だと思うんですね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング