テレビアニメも国内外で大好評! 農業系学園ラブコメディ『のうりん』白鳥士郎氏インタビュー【後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月15日 19時30分

写真

テレビアニメも大好評! 農業系学園ラブコメディ『のうりん』

 現在、テレビアニメが絶賛放映中の『のうりん』。前回のインタビューでは原作者である白鳥士郎さんに、作家までの道のりと作品の魅力について語って頂きました。今回はアニメの話を中心に、取材先の苦労やこぼれ話、今後の『のうりん』の展開など、引き続き声優の養成所に通う新人声優高野麻里佳(こうのまりか)がお送りいたします。

写真付きインタビュー記事はこちら!

──アニメ化決定を聞いたときの心境は?

白鳥:本当にアニメ化して大丈夫かなぁ……と。まさかするとは思っていなかったので、ありがたい話だと思ったんですが、あまり現実感が無かったです。絵で魅せている他の深夜アニメと比べれば、『のうりん』は言葉で表現しているので、まだ上品だろうと思いました。※すでに第1話を視聴したのですが、そこまで問題のありそうな演出はなかったです。
※編集部注:インタビューは2013年11月に実施

──制作については何か注文を出したり、関わっていらっしゃいますか?

白鳥:ヒロインの中沢農のセリフの方言について脚本にチェックを入れたりしましたが、その他の制作については、すべてお任せしています。大沼監督を始め、原作の魅力を精一杯引き出そうと努力してくださるスタッフの方々ばかりなので安心してお願いしています。

──ドラマCDと同じキャストになるとのことですが、キャストさんに期待している、もしくは要望などはありますか?

白鳥:声優さんにはあまり詳しくなく、キャストの選出もお任せしてしまったのですが、良い方々に集まっていただけました。周囲からは「声優陣が豪華ですね」と反響が高かったです。人気の声優さんにやってもらえると注目度が違いますので、声優さんの個性を出して演じてくださるのが作品にとっても、ファンの方にとってもよいのかなと思います。アフレコ現場を見学してみると、原作では描写できなかった合いの手やアドリブを入れていただいて、キャラクターの空気感といったものを表現されていて、「実際にいたらこういうキャラクターになるのか」と感銘を受けました。

──アニメならではの見どころはどのあたりでしょうか?

白鳥:実際にキャラクターが動いて方言で喋るところ。そして岐阜の自然の描写が素晴らしいです。モデルとなった農業高校やその周辺には何度もロケハンを行っていて、地元民ならすぐに見て場所が分かるくらいに背景が作りこまれています。それと、なにより胡蝶さんの巨乳が揺れます!(笑)

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング