実は1月がベスト! 好条件の賃貸物件を見つけるテクニック

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月16日 11時30分

写真

『家を借りたくなったら』(長谷川高/WAVE出版)

 1月も半ば、いつもの日常が戻りつつある今こそ、引越しへ向けて物件探しを開始するベストなタイミングだそうだ。就職・入学シーズンの1月から3月は、賃貸物件の入れ替えが激しく動くためである。ならば、桜が咲く暖かい季節に、快適な新居で暮らせるように、“良質な賃貸を上手に探せる極意”を紹介しよう。

関連情報を含む記事はこちら

 「みなさんは、最近、敷金ゼロ円、礼金ゼロ円という宣伝文句を見かけませんか?」と問いかけるのは、長谷川高著『家を借りたくなったら』(WAVE出版)。著者も以前は部屋探しに苦労したり理不尽な目に遭いながらも、現在は不動産のコンサルタントとして活躍している。「ただ単純に、部屋が埋まらないのです」とあるように、少子高齢化で若年層が減り、単身者向けの物件があまっている今こそ、良い物件をじっくりと見つけることができるのだ。

 まず、物件探しは「インターネットほど役に立つものはありません」とのこと。賃貸サイトで検索し、現状を把握しておこう。「掲載されている情報は、星の数ほどある部屋のごくごく一部」であり、図面に書かれている東西南北や広さが実際とは異なるケースもあるとか。あくまでも内見までの、参考程度に。

 物件の目星をつけたら、次は不動産屋さん選び。著者は、複数の不動産屋さんとお付き合いすることを薦めている。1軒目がダメでも、2軒目が優秀で、良い物件を教えてくれるかもしれないから。注意したいポイントは「借り手にとって有益な情報をていねいに提供してくれる不動産屋さんと、大家さんにとって有益である不動産屋さん」の2種類が存在するということ。あまりお付き合いしたくない、後者の見分け方とは…。

・一度来たお客さまを絶対に逃さない
・他の店に行かせない
・その日のうちに契約(捺印)をせまる

 こうして読むと、怖そうな人が出てきそうなイメージだが、実際にはカジュアルな雰囲気の大手チェーンにも見受けられるそう。土地勘がなく、情報の少ない若者の客が、巧みな話術にかかると、簡単に契約してしまうことも。そうならないために、以下の対策を心得ておきたい。

1)「実は、他にも希望者がいるんですよね」と言われたら
同じエリアで最低10件は内見をすませており、本当に良い物件だと思ったら申し込んでもよいかも。でも、まだ4~5件しか内見をしていないなら、ほかにも良い物件は必ず見つかる。

2)「この部屋、おすすめですよ」と言われたら
あいまいな表現であり、自分にとっての「おすすめポイント」かどうかは不明。したがって、反応する必要ナシ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング