タイトルに“成功”と入った書籍は売れない 台湾の読書事情

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月16日 11時30分

写真

『ダ・ヴィンチ』2月号(KADOKAWA メディアファクトリー)

 近年、台湾では若者による“独立書店”が増加している。本を通じてなにかを発信したいと、個人の趣味や志を反映した書店を次々に起ち上げているのだ。『ダ・ヴィンチ』2月号の「本好き女子のための台北」特集では、その背景を、台湾でも大手出版社のひとつである圓神出版の編集長・陳秋月さんにうかがっている。

関連情報を含む記事はこちら

「書店だけではなく、いま台湾では若者による起業の流れが強いです。自分の店を持ちたい、企業に一生を捧げるのはいやだ、と思う若者が多いんですね。ただ、いまは出版業界全体が不況で売り上げも下がり続けています。今年うちから出版した骨盤ダイエットの本は20万部を突破しましたが、10万部超えはその1冊だけ。数年前までは年間で3冊は爆発的なヒット作を生み出せたものなんですが……。そんななかで彼らがどこまで志を貫いていけるか、見守っていきたいと思っています」

 起業ブームということは、現在はビジネス本に人気が集まっているのだろうか。

「むしろ逆ですね。社会的な成功にあまり興味がないようで、タイトルに“成功”と入った書籍は売れません。どちらかというと内面の充実をはかる傾向にあり、そのせいか個人の嗜好もバラバラで、“このジャンルなら必ずウケる”というものがなくなってきているんです。数年前までは、たとえばスピリチュアルや自己啓発の本、スタンフォード大学やハーバード大学の人気授業の本などを出せば必ず売れていたのですが、今はそれがない。逆に、以前は見向きもされなかった本が突然売れたりするので、どこの出版社も、次になにがヒットするのか、どんな本をつくればいいのか、迷い続けている状況だと思います」

 その理由について、副編集長の林平惠さんはこう語る。

「おそらく、読者が“自分が好きなのものはなにか”に興味をもつようになったんでしょう。社会が安定し、文化的に向上してきて、親世代は安定した収入がある。若者は企業に頼らずとも、生きていくことができるようになりました。そんななかで、個人の幸せというものが重要視されてきているんだと思います。顕著なのが、“文青”と呼ばれるある種の若者たちの存在ですね」

 文青とは、文学青年の略。台北に住み、クラシック音楽や映画を好み、小説を読むいわゆるインテリ青年たちのことを指す。もともとは単に文学好きの青年という意味合いだったが、この数年で、若い世代の風潮を表すように変わってきたという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング