人はいつまでできるのか? 大人のためのセックス入門

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月17日 12時10分

写真

『大人のセックス 死ぬまで楽しむために』(宋美玄/講談社)

 極端に言えば、生物にとって「セックス」は元来、子孫を残すための「生殖行為」だ。他の生物同様、人間の男性と女性も「つがい」となり、セックスをし、子を産む。

関連情報を含む記事はこちら

 しかし、子どもを望まない男女間にも、子育てを終えた男女間にもセックスは存在する。セックスには生殖行為のみならず、肉体的な快感があり、愛する人との心のつながりを感じる喜びや感動があるからだ。
では、人はいつまでセックスできるのか?

 女医・宋美玄さん監修の本書『大人のセックス 死ぬまで楽しむために』(講談社)によれば──。

セックスに年齢制限はありません。
「したい」という気持ちがあるならば、何歳になったからできないということはないのです。(宋さんのまえがきより)

 とはいえ、人間の体は加齢と共に体力や機能が衰える。男性であれば勃起不全になったり、女性であれば性交痛や更年期障害で濡れにくくなったりするなど、物理的な障壁が発生するようになるのも実情だ。

 また、「性欲があると思われるのは恥ずかしい」「自分の性欲は異常なのか?」などと感じ、パートナーと肌を合わせることも、人に相談することもできなくなってしまう精神的な壁も存在する。

 宋医師によれば、著書『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社)の出版後、1万通以上届いたという感想のハガキの大半が高齢の男性・おじいちゃんたちからのものだったというし、クリニックには年を重ねた女性たちがセックスの悩みを抱えて訪れるという。つまり、老若男女を問わず、性的な欲求を持っていながら、相談もできずに悩んでいる人が大勢いるというわけだ。

 本書は、そんな慎ましい日本の男女のため、『週刊現代』(講談社)のレポートを元に、読者の体験談などを交えて、「死ぬまでセックスするため」の具体的な方法を紹介している。

第1章「五感と脳で楽しむ熟練のセックス」
第2章「第二次性感帯を見つけよう」
第3章「今夜からできるラブ・マッサージ」
第4章「ピストンを卒業したあなたへ」
第5章「EDとその対策」

 具体的な内容は本書を読んでいただきたいが、「挿入と射精だけがセックスではない」ということが、様々な角度で書かれている。

 違和感を感じる人もいると思うが、セックスを「好きな人とつながる心地良さの共有」と広義に捉えるならば、「心」がつながっていれば挿入・射精がなくても気持ち良いセックスはできる、と本書は呼びかけているのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング