2014年、電子書籍はどうなる?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月31日 12時0分

写真

鈴木みそ氏の新作『ナナのリテラシー』(KADOKAWA エンターブレイン)

 まつもとあつしです。ダ・ヴィンチニュース(当時はダ・ヴィンチ電子ナビ)では2011年の9月から電子書籍についての連載をはじめました。その年はiPadが登場し、日本でも電子書籍元年がいよいよ始まるかと、一気に注目が集まりましたが、残念ながらわたしたち読者にとっては実質的な変化はあまりない年でした。しかし、2012年には各社が様々な電子書籍サービスや電子書店をスタート。特に年末のキンドル日本語版の開始は大きなインパクトがありました。今回は2013年の記事を振り返り、現状もアップデートしつつ、2014年の予想もしてみたいと思います。

画像付きのもっと詳しい記事はこちら

本の生まれ方・届け方に変化が

 キンドル日本版ストアのオープンで、本格的な電子書籍時代が期待されました。電気店の電子書籍コーナーにも人だかりができ、端末は品薄の状態がしばらく続いたのも印象的でした。しかし、いざ電子書店にアクセスしても読みたい本が電子化されておらずがっかりした人も少なくなかったはずです。

 2月に取材したインプレスホールディングスさんで指摘されたのは、出版社が本を電子化するにあたって、著者に改めて許諾を取らなければならないという課題でした。これまで出版社が持つ権利(出版権)には基本的に電子書籍が含まれておらず、現在もこの権利をどのように改定するか議論が続いています。


●【第1回】「電子書籍って読みたい本がなかなか見つからないのはどうして?」 ――インプレスグループの全方位戦略

 このインタビューでは、「日本語の縦書きにも対応し、電子化を推し進める」と期待が高かった、電子書籍フォーマット「EPUB3」が必ずしも完全・万能ではなく、著者からの許諾が得られても電子化の作業に時間が掛かってしまっているという事情も明らかになりました。

 長い歴史を持つ紙の本に対して、生まれてまもない電子書籍は、まだよちよち歩きといったところでしょうか。素早くタイムリーに電子書籍を届けるにはどうすれば良いか、各社のチャレンジが続いています。インプレスさんの場合は、紙の本に比べてページ数を減らしたimpress QuickBooks®という電子書籍専用レーベルを立ち上げ、逆に投入タイトル数を増やす戦略を採っています。


<インプレス北川雅洋さんに改めて聞きました>

――impress QuickBooks®についてお話を聞いたのが昨年の2月でした。その後の刊行状況や売れ行きを教えてください。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング