幼女の幼女による幼女のための『世界征服~謀略のズヴィズダー~』を見よ!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月2日 9時20分

写真

中毒性のあるロリ声に、征服された人が続出か?

 幼女をリーダーと仰ぎ、その命令に己の全てを捧げるの事こそ男子一生の夢。そんなアニメファンの紳士諸君にはごくごく当たり前な……しかし、一般人にとっては、さほどありがたくない夢をかなえてくれるのが、この1月からスタートしたテレビアニメ『世界征服~謀略のズヴィズダー~』だ!

関連情報を含む記事はこちら

【で、どんなお話かといいますと……】
 親と喧嘩して、人生初の家出。行く当てのない中学生、地紋明日汰(じもんあすた)。サイフに残ったなけなしの金で買った中華まんも、同じく空腹に耐えかね街をふらつく幼女・星宮ケイトにだまし取られてしまう。 折しも街には戒厳令が敷かれ、謎の巨大怪獣と自衛隊が交戦中、巻き込まれたかに見えたケイトを捜すうちに明日汰は、彼女が世界征服をたくらむ秘密結社ズヴィズダーの総帥ヴィニエイラである事を知る。なぜか、肉まんの恩義でズヴィズダーの基地に居候、というかいつの間にか下っ端戦闘員にさせられた明日汰の運命やいかに!?(多少前後してますが、だいたいこんな話であります!)

【気になるスタッフは……】
 監督・シリーズ構成・絵コンテ・演出には「DARKER THAN BLACK」シリーズや『青の祓魔師』でお馴染み、岡村天斎。原作なしの完全オリジナル作品としては、09年の『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』以来だ。

 国際謀略や超常バトルなどシリアスな題材を、人間の骨格を活かした写実的な芝居でみせる事を得意とする岡村監督だが、監督デビュー後も、自身の監督作以外のテレビシリーズの絵コンテ、演出、脚本、原画と、工程を問わず手掛けるなど、職人肌の仕事ぶりを発揮している。 昨年だけでも『翠星のガルガンティア』『銀の匙』『有頂天家族』など、全く違ったテイストの作品の絵コンテを手掛けているので、幼女を主役としたスラップスティックコメディを送り出すのも不思議ではない……とは思うものの、大抵のファンはビックリした事だろう。

 そんなわけで、近年の岡村作品のテイストとガラリと違う本作。スタッフも、総作画監督の佐々木啓悟のみ続投だが、他はかなり意外なメンツが顔をそろえている。シリーズ構成・脚本には、奈須きのこも所属するクリエイター集団TYPE-MOONから星空めておが参加。キャラクター原案には、「キノの旅」シリーズを始め数々のライトノベルの挿絵を担当する人気イラストレーター、黒星紅白。ぷにっぷにの幼女ヴィニエイラ様はもとより、主人公の明日汰の三つ編みなど新鮮なテイストを作品に注入。肌色多めの変身後のコスチュームにも注目だ!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング