向井理、綾野剛よりカッコいい!? BLに登場するSAT隊員がすごい

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月5日 12時0分

写真

『鮮烈に闇を裂け』(かわい有美子:著、緒田涼歌:イラスト/幻冬舎)

 向井理と綾野剛のW主演で、放送開始前から映画化が発表されるなど、今期大注目のドラマ『S-最後の警官-』(TBS系)。まったく新しい警察ドラマとして、犯人の生死を問わず“制圧”するSATと、犯人を生かしたまま“確保”することを目的とするNPSの対立を描いている。しかし、1話で犯人グループが大量の銃を手に入れて乱射したり、向井演じる神御蔵一號がパンチで壁を破壊して犯人を確保するシーンがあるので、シリアスなはずなのに思わず笑ってしまったという人もいるよう。そこで、『鮮烈に闇を裂け』(かわい有美子:著、緒田涼歌:イラスト/幻冬舎)や『LOVE TARGET~恋の弾丸~』(妃川螢:著、水名瀬雅良:イラスト/海王社)、『極道は蜜を暴く』(秋山みち花:著、周防佑未:イラスト/リブレ出版)といったBL作品から、もっとすごいSAT隊員を紹介してみよう。

関連情報を含む記事はこちら

 まずは、『鮮烈に闇を裂け』に登場する高梁晄。やや細身で身が軽く、敏捷性に優れた彼は、SAT内でもネコと呼ばれてかわいがられている。その特性を買われた高梁は、都市銀行に銀行強盗が押し入り、人質を取って立てこもったとき、ヘルメットなしでダクトパイプから侵入し、特殊閃光弾と催涙弾を投げ込むという大役を任された。致死性がないとは言え、害がないわけではないので「人質のいる状態で催涙弾を使用するのは、かなり稀」だというが、それほど緊迫した状況で「撃たれても、最後に催涙弾と特殊閃光弾ぶっぱなすぐらいはやってみせます」と言い切る高梁は、さすがプロ。

 また、『LOVE TARGET~恋の弾丸~』の主人公・高須賀由朔は、父親や兄弟も警察官だという警察一家に生まれた。医師が往診に行った老婦人の家で、薬物中毒者と思われる立てこもり犯に捕まり、人質にされた事件では、「伏せろ!」と叫んで窓ガラスを破って突入し、犯人の確保と人質の救助を遂行。オフの日にバスジャックにあったときも、外にいるSITと協力しながら拳銃を持った犯人2人をたった1人で制圧してしまうのだ。高須賀は「銃弾が飛び交うまっただなかにも、飛び込んでいく覚悟はある」と言うが、それも嘘ではないのだろう。そして、彼の手には「無数に刻まれた古傷」があるのだが、それを見られると「傷を負うのは鍛錬が足りないから」とストイックに返す。「出動自体が稀なSATにおいては、日々の訓練が主たる任務のようなもの」だそうだが、身体はもちろん、精神面の鍛錬も欠かせないのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング