人気声優・種田梨沙さんが演じたキャラベスト5!【アニオタ100人に聞きました】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月5日 18時0分

写真

現在放映中の『ストライク・ザ・ブラッド 』の姫柊雪菜は果たして?

 2013年、活躍した声優さんの中でも一際輝く存在…。ネットの口コミでも「かわいいよりも美人タイプ!」「演技がうますぎる! 本当に若手なの?」と容姿・実力共に評価が高かったのが<種田梨沙さん>だ。

ランクインしたアニメのヴィジュアル付き記事はこちら

 前回(阿澄佳奈さん)、前々回(東山奈央さん)のキャラベスト5に続き、今回も種田梨沙さんが演じたキャラクター限定で人気投票を開催。アニオタを自称する100人の方に街頭でアンケート調査を行った。(有効回答数:100名、場所:秋葉原中央通り、寒いながらもわずかに春の訪れを感じ、このアンケートにも慣れてきたスタッフ:2名)

 早速結果をご覧あれ! といきたいところだが、まずは軽く種田梨沙さんのプロフィールをご紹介。種田さんは1988年7月12日生まれの現在25歳。愛称は「たねちゃん」または「お種さん」。今回は愛情をこめて「たねちゃん」と呼ばせていただこう。声優を目指したきっかけは、魔法使いになりたかったから(?)。中学生の頃に読んだハリーポッターに影響されたとのこと。魔法使いに憧れる中一のたねちゃん…、想像しただけで笑みがこぼれるのは筆者だけではないはずだ。

 2010年にバラエティCD「いちばんうしろの大魔王 ドラマ&キャラクターソングアルバム~いちばんうしろにあるキモチ~」で声優デビュー。2012年に「新世界より」で初主演を果たした。2013年はまさに飛躍の年で、数多くのメインキャラクターに抜擢。「うますぎる」「器用に声を使い分けている」とアニメファンから高い評価を受けている実力派なのである。

 前置きはここまでにして、お待ちかねのランキングを発表しよう!


【第5位】
『新世界より』 <渡辺早季>
2012年10月~2013年3月放送。原作は貴志祐介氏による小説。舞台は人々が「呪力」と呼ばれる超能力を手にした1000年後の世界だ。 渡辺早季は本作のヒロイン。明るく好奇心旺盛な女の子。禁忌とされていた情報を引き出してしまった早季は災厄に巻き込まれていく…。

■ アンケートより
・初主演とは思えないほど上手かった。この頃から絶対売れると思ってたわー。
・たねちゃんが歌う主題歌「割れたリンゴ」は名曲。
・明るく元気な典型的ヒロインじゃなくて、繊細な一面を持っているところが好き。


【第4位】
『ゆゆ式』 <日向縁>
2013年4月~6月放送。三上小又氏による月刊漫画雑誌「まんがタイムきらら」で連載中の4コマ漫画。ヒロイン4人が情報処理部で繰り広げるまったり生活を描いた人気作だ。日向縁はヒロインの一人で部長。お金持ちのお嬢様で、ふうせんみたいな頭と言われるほどの天然ボケ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング