恋バナ収集ユニット桃山商事が選ぶ、「恋愛への近道本」ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月7日 18時10分

写真

『二軍男子が恋バナはじめました。』(桃山商事/原書房)

 バレンタインも近づき、人恋しくなる季節が今年もやってきました。今すぐにでも恋人がほしいと思っているそこのアナタ。ひとまずこの5冊を読んでみよう! 恋バナを収集しまくっている「桃山商事」代表の清田隆之さんが、恋に必要なメソッドを教えてくれました。

【1~5位までの画像あり】関連情報を含む記事はこちら

清田隆之/桃山商事:
二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット『桃山商事』代表。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。コンセプトは“オトコ版 SEX AND THE CITY”。初の著書『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)が2月20日に発売。

「恋人がほしいと強く願うあまり、モテない原因を何かに求めようとしたり、愛されるにはどうすればいいかと即効性のある処方箋を探そうとしてしまいがち。でも、楽しい時間を過ごすとか、安心して暮らすとか、痛みを想像できるとか、ベーシックな部分をしっかり充実させていくことのほうが大事ですよね。そうすれば気持ちも前向きになり、恋愛成就の可能性も上がるかも! 恋愛も急がば回れの精神で!」


【第1位】『弱いロボット』(岡田美智男/医学書院)
「これは恋愛とは全然関係ない本ですが、恋愛のことを考える上で示唆に富んだ1冊です。著者は、万能ではないロボット(=弱いロボット)の研究者。例えば、ゴミを拾い集めることが目的なのに、アームがないため拾うことができず、まわりの人に手伝ってもらう、というようなロボット――“人とのコミュニケーション込みで機能を果たす”ロボットの研究をしています。豊かな関わり合いとはどういうものなのか。弱いロボットたちを通じて見えてくるのは、コミュニケーションというものの本質です。恋愛の基本もコミュニケーションですよね。モテる技術なんかよりも、他者と豊かに関わり合う心得を学んだ方が、素敵な恋愛にめぐり会えるような気がします」

【第2位】『ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」』(熊谷晋一郎/青土社)
「脳性麻痺の医師が、自身のリハビリなどで経験してきた“痛み”というものについて、様々な賢人たちと語り合いながら考察していく対談集。他人の痛みをどう想像し、どう関っていくかについて考えさせられる1冊です。現代に生きる人々は、基本的に忙しく、いろんな悩みを抱えているものですよね。恋愛においては、刺激より安心感やパートナーシップを求める人も多いのではないかと感じます。本書によれば、痛みや不安には、直接的な原因があるものばかりでなく、楽しい時間を過ごしたり、じっくり話し合ったりすることで消えるものもあるとか。痛みを共有できたら安心感や連帯感が生まれ、好意的な感情も芽生えるかもしれません」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング