【実践編】“オタク断捨離”は実行できたのか!? 結果報告会!!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月8日 9時20分

写真

42歳オタク歴約30年の男性が所有している主なオタアイテム(が整理された状態)

 2013年12月某日、3人のダ・ヴィンチニュースのオタクライターで行った座談会。「オタクでも断捨離は可能なのか!?」をテーマに話し合い、年末年始に実際に断捨離を実行することを約束して、その会は終わった――。

関連情報を含む記事はこちら

 そして、年が明けた2014年1月。断捨離を実行したメンバーが、再び集まって結果報告会を開催。果たして、断捨離は成功したのか? それぞれの感想とともに、そのてん末をご報告しよう。

■まずは前回のおさらい
 前回の記事はこちら。
『フィギュア、マンガ、CD、DVD…にあふれた部屋を片付けたい! オタクでも断捨離は可能なのか?【準備編】』
( http://ddnavi.com/news/177724/ )

【3名のプロフィールはこちら】
○Aさん(男・42歳・ライター・オタク歴:約30年)
<断捨離前に所有していた主なオタアイテム>
超合金:約50体、聖闘士星矢の聖衣大系:約30体、特撮CD:約100枚、マンガ:約200冊、小説:約100冊、サッカーのユニフォーム:約100枚、プラモデル:約150箱
 
○Bさん(女・35歳・ライター・オタク歴:認めてからは12年)
<断捨離前に所有していた主なオタアイテム>
CD:約1500枚、DVD:約100枚、書籍:約1200冊、マンガ:不明(なほど多い)

○Cさん(女・28歳・ライター・オタク歴:12~3年。※今回は実家の自室を断捨離)
<断捨離前に所有していた主なオタアイテム>
ラノベ:約100冊、マンガ:約400冊、同人誌:約150冊、フィギュア:約15体、ゲーム:約15個、CD:約200枚


■断捨離の状況・結果の報告
<Aさん>
・クローゼットから玩具を全部引っ張り出して見直し、段ボール箱に4、5箱分を処分。
・ユニフォームは、売るモノと一生所有するモノ、大事にしてくれそうなコレクターの友達に送るモノの3種類に分別。
・ゲームを段ボール1箱分、ガンプラ約20~30体、DVDやCD何十枚かを“処分(売る)コーナー”(部屋の片隅)に移動。
・仮面ライダーのフィギュアは、友達の息子に30個以上(含む新品未開封品)を送った。
・マンガは一度読んだら処分するものを50冊ほど抜き出し、1日1冊ずつ消化している(現在進行中で30冊読了)。

 クローゼットの中身を入れ替えたことで、箱でいっぱいだったクローゼットにユニフォームが吊るせるようになった。服を入れていたクリアケースが1つ分空いた。
 過去に何度か断捨離を行っているAさんは、最近ではマンガは月1、2冊、プラモデルも新しいものは買わず家にあるものしか作らないため、オタゲル係数(※消費支出に占めるオタク出費の割合)は数%。
 先日とある玩具のイベントへ行ったが、玩具を買いたいと全く思わなかった。「前なら欲しくなっていたけど、俺はもうここは卒業した! と思った」と話した。「もしまた何かにハマっても、前みたいにむやみに集めることはない。一点豪華主義。1つ買ったら1つ手放す」と宣言。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング