ライトノベル読者なら思わず納得!? Twiiterユーザーに聞いた「ラノベあるある」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月12日 18時10分

写真

肌色成分が多いのもライトノベルの醍醐味!?

 皆さんは、本屋でラノベを購入する時にレジの店員さんが女性だとなんだか恥ずかしかったり、外出先や電車の中でラノベを読んでいる時に周囲にわからないようにブックカバーで表紙を隠したりした経験はありませんか?

関連情報を含む記事はこちら

 そんなライトノベル読者にありがちな「ラノベあるある」をTwitter上で募集したところ、多くの方々が回答に応じて下さいました。今回はその中から、いくつか印象的だったご意見をご紹介します。


■新刊への思いは一日千秋
・発売日の前日に本屋に行くと、置いてないとわかっていながらわずかな可能性にかけて、店内を執拗に物色してしまう。(@INABA81)

・3年待ったのに1日がまてない。(@DaisukeHaneta)

■日付の感覚がラノベ基準
・書店に行ってあるレーベルの新刊があると「あ、今日◯日か」となる(@nointestine)

■美本を選ぶ
・平積みの場合、上から3冊目くらいを取る。(@SagamiNoriaki)

■買い逃がしを恐れてキープする
・新刊の売り場を見てとりあえず買う。しかし前巻はまだ読めてない。(@xxxff5)

・買ったかどうか忘れてとりあえず買う。積読の山の中に見つける。(@sim_21)

■表紙に釣られる
・表紙買いとか邪道っしょ → でも買っちゃう。
「なにこの表紙素敵!」→買う
「なにこの表紙だっせぇww」→買う(@meron1125)

・インパクト重視 (@zinguruberu24)

・ピンとこなくても好きな作品のイラストレーターが表紙だと買ってしまう。(@lostoman)

・たまに絵師買い。……だが、悔いはない。(@nokia_nekoiro)

■挿絵が恥ずかしい
・イラストのページを開く前に周囲を警戒する。(@nanamenamename)

・家の外では挿絵のあるページを速読。(@hohig)

・スーツで電車の時には、挿絵を読者ハガキで隠してしまう。(@tohnagi)

・電車の中でブックカバーつけた状態でラノベを読んでいても、挿絵のページに近づくとソワソワする。(@mentaltimeroom)

■セリフは脳内再生
・ツンデレヒロインの声はくぎゅーボイスで再生される。(@_uso_tsuki_xxxx)

■少数派コンプレックス
・一般ピーポーに「何読んでるの?」と訊かれて、「あ…え…えーっと、SF…的な…やつ」としどろもどろ。(@Suiken583)

■理解者を求める
・気軽に「オススメってある?」と聞いてはいけない。聞いたら最後もの凄い数をオススメされ「ねえ読んだ? 読んだ?」といつまでも言われ続ける。(@gorou_san)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング