車持ち必見! 豪華声優による萌える方言カーナビが登場! こ、これは萌える! 【独占取材】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月13日 18時20分

写真

方言女子による破壊力のある萌えセリフをその耳で確かめよう!

 皆さんは方言を話す女子は好きですかー?

関連情報を含む記事はこちら

 「はい、もちろん大好物です!」と、こんな即答が容易に想像できるほど、方言女子は可愛い。それは、普段パンツルックの女子が急にミニスカートで現れてドキっとするように、思わず方言が漏れてしまった女子の破壊力(恥ずかしがる表情も含めて)は半端ない。

 普通に話すだけでも可愛い方言女子を、さらに人気声優が演じたらどうなるのだろうか? これは想像をしなくても絶対に可愛いに決まっている。ましてや、ドライブのお供に欠かせないカーナビで聞けたらどんなに幸せだろうか?

 そんな全男子の夢を叶えたカーナビが、あのクラリオンから登場すると聞いて、さっそく編集部は収録現場にお邪魔した。

 以前、当編集部でも紹介(http://ddnavi.com/news/146984/)したが、クラリオンではこれまでもカーナビの音声に有名声優を起用した「ダウンロードボイス」を数々リリースしている。

例えば…、

・竹達彩奈が「お兄ちゃん大好き」を猛アピールする女子高生の妹。
・福原香織と加藤英美里が「ボケと突っ込み」の掛け合いを繰り返す中学生。
・金元寿子が戦国時代からタイムスリップしてきたやんちゃ姫となり、ボケ倒す。
・阿澄佳奈が、地球のドライバーを守るべくやってきた推定年齢10才のロリ宇宙少女。

 と、これだけ見てもただ単に人気の声優を起用するだけでなく、それぞれの声優に合った“おもしろ設定”でナビゲーションするという、声優ファンに大人気のシリーズなのだ。しかも、2013年にグッドデザイン賞まで受賞してしまうほどの逸品だ。

 そして、今回企画されたのが、実際に各地方出身または暮らした事のある声優を起用しての「方言版ダウンロードボイス」。アニメでよくあるような方言チックではなく、方言監修のプロを入れて、さらに現地の女子大生や女子高生に原稿チェックしてもらったという“無駄に気合の入った”リアルなイントネーション、さらに地方の特産品など小ネタを散りばめた「地方あるある」が詰まっている。それはまるで、助手席から可愛い声の“方言女子”が、地図を片手に道案内してくれるかのような親密なトークを楽しめちゃうのだ。

 さてさて、気になるキャストだが…、

・青森編/木戸衣吹
『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』の「姫小路秋子」で一躍注目を集めた木戸さんは、『ゴールデンタイム』の超音波ボイスが可愛い「岡千波」や、お兄ちゃんを食べちゃう『pupa』の「長谷川夢」と大活躍。4月からは『彼女がフラグをおられたら』のヒロイン「菜波・K・ブレードフィールド」を演じる、妹役にぴったりな16歳のリアル女子高生だ。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング