アナタの意見は偏見に満ちている!? 考えるときの脳のクセ「認知バイアス」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月14日 12時0分

写真

『自分では気づかない、ココロの盲点』(池谷裕二/朝日出版社)

 人というのは何かを見たり、聞いたり、考えたり、決定したり、意見したりするとき、ほぼ確実に偏見にとらわれているそうだ。そんなことをいうと、「そんなことはない! 私には偏見は一切ない! 常に公平に物事を判断している!」という人がいるかと思うが、そんな人には『自分では気づかない、ココロの盲点』(池谷裕二/朝日出版社)をオススメしたい。

関連情報を含む記事はこちら

 本書では、脳科学や心理学などで科学的に研究されている「認知バイアス」の問題を質問形式でわかりやすく解説している。この「バイアス」とは「先入観、偏見」という意味で、「認知バイアス」とは人間が物事を見る際、これまでの経験や先入観、人の意見などにとらわれ、色眼鏡をかけて見てしまうという現象のことを指す。

 この認知バイアスには多くの項目があり、以前ダ・ヴィンチニュースでも取り上げた「災害時、人が逃げ遅れてしまう理由“正常性バイアス”とは」という「正常性バイアス」もそこに含まれるものだ。正常性バイアスとは、ある限界までの異常は正常の範囲内と捉えることで脳がパニックにならないための予防なのだが、それがバイアスとなって予期せぬ異常や危険、災害時などの際に「まだ大丈夫、自分が巻き込まれるわけがない」という偏見や先入観から逃げ遅れてしまう危険性が高まってしまうものだ。

 本書には認知バイアスに関する30個の質問が掲載されているのだが、その中からひとつ見てみよう。

 醤油ラーメンを食べたくなり、たまたま向かいにあった繁盛店の行列に並ぶことに。しかしその店は塩ラーメンが有名な店で、周りも塩ラーメンを注文している……この場合、どちらの行動を取る人が多くなるだろうか?

1 当初の希望通り醤油ラーメンを注文
2 看板メニューの塩ラーメンを注文

 塩ラーメンが有名な店で、周りがみんな塩ラーメンを頼んでいるという状況、しかも行列に並んだ後でようやく店に入ったという手間もあり、友人に「あの店に行ったのに塩ラーメンを頼まないなんて、ありえない!」などといわれるかもしれない可能性がある中で、「醤油ラーメンひとつ!」と初志貫徹して注文できる人は少ないのではないだろうか? これは「バンドワゴン効果」と呼ばれる項目に関する質問で、バンドワゴンというのはパレードで先頭を行く楽隊車のこと。人というのは周囲の意見や流行に影響されがちで、楽隊車が行く方へパレードがついて行ってしまうことから「バンドワゴン効果」と名付けられているそうだ。ということで、この場合は「2」を選択する人が多くなるそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング