名優の知られざる素顔 『サムライ 評伝三船敏郎』が発売

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月14日 12時0分

写真

『サムライ 評伝三船敏郎』(松田美智子/文藝春秋)

 「彼はまた、普通の人であり、謙虚で、恥ずかしがりやなのに、いつも我々を揺り動かす大変な感激とか、感動、また熱情を呼び起こす才能の持ち主でありました。彼は孤独の人でしたが、彼の中に我々自身を見る思いがしました。何者にもまして、彼は、今の世の中では稀な何かを持っていました。それは威厳そのものです。」

関連情報を含む記事はこちら

 かの映画監督、スティーヴン・スピルバーグから、このような弔電を送られた日本人俳優がいる。

 三船敏郎。『羅生門』、『七人の侍』、『用心棒』など数々の黒澤明映画に出演し、海外の映画人に多大な影響を与え、「世界のミフネ」とまで呼ばれた名優である。

 1997年1月の三船の葬儀には、スピルバーグの他にもアラン・ドロン、フランスのシラク大統領(当時)ら錚々たるVIPたちがその死を惜しむ声を寄せている。だが海外からの反応に比して、葬儀に集まった人数は一般の弔問客は約1,800人と、日本を代表する俳優としては少ない人数であった。「世界のミフネ」の葬儀がなぜ斯くも寂しいものになってしまったのか。名優の人生に一体何があったのか。

 松田美智子著『サムライ 評伝三船敏郎』(文藝春秋)は、映画スターとしての輝かしい功績の面と、スキャンダルにまみれた負の側面の両方から俳優・三船敏郎の人生に迫った本である。

 三船が俳優になった切っ掛けは1946年、軍隊時代に知り合った人物のつてを経て、東宝の撮影部に就職しようとしたことだった。実は三船は俳優になる気など全くなくカメラマンを志望していたのだが、撮影部の人員に空きがないため、仕方なく新人俳優を採用するための面接を受けたのである。審査員を前に不機嫌な態度を隠そうとしない三船だったが、当時のスター女優である高峰秀子は「何かひとり凄いのがいるんだよ。」といって、ある新人監督をつかまえ三船の姿を見せる。その監督こそ後に三船とコンビを組む黒澤明であった。「世界のミフネ」はデビュー前から数奇な運命を辿ることが決定づけられていたようである。

 三船は面接に補欠合格、1947年に『銀嶺の果て』で映画デビューし、以後黒澤明や稲垣浩といった巨匠の作品で国内でだけでなく、海外の映画賞も受賞し一躍スターとなる。

 俳優として三船の優れた点は、何と言ってもその驚異的な身体能力にある。『銀嶺の果て』の撮影時には60キロもある機材を担いで吹雪の中を先頭切って山を登り、「用心棒」では十人斬りのシーンでカメラが捉えきれないくらいの速い太刀捌きを披露し、スタッフ達を度々驚かせた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング