女性向けライトノベルに異変!? 少女たちがハマる奥深き世界の最先端

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月17日 19時0分

写真

書泉ブックタワー田村さんが考える“絶対にアニメ化すべき少女小説”のひとつ『(仮)花嫁のやんごとなき事情』(著:夕鷺かのう)

 現在、中高生男子を中心に大人気のライトノベル。実は女性向けもあるのをご存知だろうか? ファンタジー世界を舞台に、女の子のリアルな心情が描かれたものが多く、分かりやすく気軽に楽しめるのが特徴だ。

【動画・写真あり】 関連情報を含む記事はこちら

 ひと昔前は“少女小説”と呼ばれていたこのジャンル、明治時代に誕生して以降、長らく乙女たちに愛好され、80年代~90年代には、氷室冴子や新井素子といった人気作家が活躍、大ブームを巻き起こした。また、昨年シリーズの再開が発表され大きな話題となった小野不由美「十二国記」シリーズや、男性層からも絶大な支持を得た今野緒雪「マリア様がみてる」シリーズなど、現在のライトノベルにも多大な影響を与えた作品が数多く生まれている。その後は一時下火になったものの、近年、再燃の兆しを見せているという。

■男性向けライトノベル人気の影響も? ファンタジー復権
 売上が低迷する出版業界で、いまだ伸び続けるライトノベル。アニメ化などメディアタイアップすることでその人気を拡大しているが、その多くは男性向けで、女性向けはそこまで注目されているわけではない。ただ、男性向けが盛り上がることで、徐々に好影響が出始めているという。

 紀伊国屋書店新宿本店の担当・山際菜穂子さんによれば、「アニメなどの影響からか女性の間でファンタジーへの理解がずい分と進んだ印象がある。結果、女性向けレーベルも、ここ10年でかなり増えてきた」そうだ。また、ここ数年、女性向けライトノベルから深化した“BL(ボーイズ・ラブ)”や“TL(ティーンズ・ラブ)”、人気ボーカロイド曲を小説化した“ボカロ小説”というジャンルも急激に伸びており、読者の嗜好が多様化しているとのこと。

 一方、マニアの集う秋葉原に店を構える書泉ブックタワーの担当・田村恵子さんは、「すそ野は広がったとはいえ、売上規模は男性向けに比べればまだまだ小さい」と指摘。「ジャンルを代表するようなヒット作品がもっと欲しい。そのためには、やはりアニメ化などメディアタイアップが重要」とのことで、次々と“絶対にアニメ化すべき作品”を挙げてくれた(これはまた別の機会に紹介予定)。

 女性向けライトノベルは、派手なバトルシーンこそ少ないが、ヒロイン(主人公)のキャラクターが非常に濃く、人間関係もしっかり描かれているため、実は男性の嫁探しにもぴったりという。なので「女性向けと言いながら、実は男性もかなり買っていく」そうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング