『あさりちゃん』100巻完結記念! 室山まゆみ先生インタビュー「震災のときにはファンに安否確認のハガキを送った」読者とのつながり

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月28日 11時40分

写真

1巻と100巻のイラストを比較! あさりちゃんがシャープに、より可愛く変化しているのがわかる

 2月28日、ご長寿児童マンガ『あさりちゃん』(室山まゆみ/小学館)の100巻が刊行される。同作は、主人公のあさり、姉のタタミ、母のさんご、父の鰯で構成される浜野家を中心に繰り広げられるギャグマンガ。あさりの同級生のいばらちゃん(いじわるなお嬢様)や速井太郎(足が速いあさりのライバル)、犬のうにょなどの脇役キャラを覚えている読者も多いだろう。

関連情報を含む記事はこちら

 1978年7月に雑誌『小学二年生』(小学館)で連載が開始。一時期は『小学二年生』から『小学六年生』までの学年誌と、『コロコロコミック』『ぴょんぴょん』『ちゃお』など、月に6媒体(!)で連載されていたこともある。82年にはアニメ化し、86年には第31回小学館漫画賞を児童部門で、14年には第59回同賞審査員特別賞を受賞。単行本は、累計約2800万部を発行している。

 そして、記念すべき100巻目は、なんと35年間という長い歴史に幕を下ろす最終巻。その35年間を、作者の室山まゆみ先生と振り返った。まず、なぜ100巻で完結を?

「あさりは、かわいいわが子同然の存在ですからね。この先に何巻まで続けられるかを考えたら、中途半端な巻数で自然消滅的に終わるのは嫌だな、と。区切りのいいところで終わってあげたいし、その方がかっこいいじゃない? 読者の方も覚えていてくれるかな、と思うし」

 学年誌の休刊が続き、発表媒体がなくなっていったのも理由のひとつだそう。「単行本丸々1冊分を書き下ろす根性が、私たちにはないのよねぇ~」と笑いあう。“私たち”とは、姉の眞弓さんと妹の眞里子さん。2人は2歳違いの姉妹で、“室山まゆみ”は合同ペンネームなのだ。合作を始めたのは眞弓さんが高校生、眞里子さんが中学生のころ。

「お互い、別々に投稿をしていたら、2人に返ってくる評価の長所が微妙にズレていることに気付いたのよ。同じ16ページの作品を描くのでも時間の短縮になるし、少しでも評価が上がるんじゃないかと思って。それで賞金というのが手に入ったら、これは、めでたいってね」

 現在、合作のスタイルはより“効率化”され、(1)眞里子さんが下絵を描く→(2)眞弓さんが主線を描く→(3)眞里子さんが背景を描く→(4)眞弓さんが消しゴムをかけてベタ、ホワイトを塗る→(5)2人でスクリーントーンを貼って仕上げる…と、さながら家庭内手工業のよう。アシスタントを雇った期間は短かったという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング