IT起業家・家入一真×教育起業家・森田正康、都知事選後に緊急対談!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月28日 12時30分

写真

『ぜんぜん気にしない技術』(家入一真・森田正康/クロスメディア・パブリッシング)

 先日の都知事選で、ひとりの若手候補者に注目が集まった。その名は、家入一真氏。最近出版された『ぜんぜん気にしない技術』(家入一真・森田正康/クロスメディア・パブリッシング)でも、常識にとらわれずに突き進む哲学が展開されている。「人目を気にしすぎない」「SNSの炎上は長くは続かない」「一度全員から嫌われれば大切な人が見えてくる」など、独特の哲学は今回の選挙戦でどう生きたのか。都知事選後に共著者の森田正康氏と、の緊急対談が実現。本音や裏話を赤裸々に、語ってくれている。

関連情報を含む記事はこちら


■選挙中に大雪になっても気にしない
森田:おつかれさまでした、立派でしたよ。
家入:いやいや、でも、おもろかったっすね。
森田:雪に見舞われたりとか、大変だったでしょう?
家入:いやホントにねえ「俺持ってるわー」なんて言ってたけど、考えたら候補者全員が、そうだなと(笑)。
森田:個人としては、失うことしかない選挙じゃん、正直言うとさ(笑)。0.5秒くらいで当確が出たけど、あの瞬間ってどういう空気感だったの?
家入:僕は最後の最後まで教えてもらってなかったんです。出口調査では、ドクター中松さんに負けていたらしいの。それでスタッフたちは、僕にどう言えばいいかなと、悩んでいたっぽい。
森田:でも、8万8936票も獲得できた。


■口下手でも気にせずに、本気で語る
家入:NHKの取材スタッフが、2~3日に1回ぐらい撮りに来たんですよ。それが最後の収録のときに「家入さん、喋りが上手くなりましたね」って言われて。メディアにも見守られながら、成長していった。
森田:進歩したよね。
家入:途中までは「誰に投票してもいいから選挙に行こうぜ」って言ってたんだけど、最後の3日間くらいのときに「やっぱり、みんな僕に賭けるべきだ!」と言うようになった。口下手であることに変わりはないんだけど、最後に渋谷ハチ公口で、本気で思っていることを伝えたら、泣いてる子もいた。
森田:伝わった感はあったよ、渋谷で見ていたけど。


■人目を気にせずに「わからない」と正直に言う
家入:『朝まで生テレビ!』では、主要4候補とドクター中松さんと僕が田原総一朗さんと一対一で話をしました。討論会があったとしても「どう思うんですか?」って質問されてもわからないことは「わかんない」って言えば、無敵で最高だろうと思ってた。
森田:むしろ、そこで教わることも大事だよね。でも、それって、討論にならないけど(笑)。そうしたテクニックが満載の『ぜんぜん気にしない技術』は、「どんな境遇だろうと気にしない」とか、「前向きに捉えて生きて行く」とか、誰にでもできるスキルだよね。家入さんもホントに正直だと思うよ。うらやましい。ウソをつく必要がないんだよ。
家入:そうですね…。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング