行けば絶対に面白い! 可愛い“男の娘”のいるお店を取材してみた!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年3月5日 18時30分

写真

今夏のアニメ化が予定されている男の娘が主人公の大人気コミック『ひめゴト』

 今年の7月からアニメ放送が予定されている『ひめゴト』はご存じだろうか? 男の娘が主人公のこの作品。可愛すぎる男の娘と個性豊かな生徒会メンバーが繰り広げる学園ラブ? コメディだ。

【写真で見る】“男の娘”のいるお店レポート記事はこちら

 そんな男でありながら、もはや女の子より可愛かったりもする男の娘がいま新たなブームを迎えようとしている。編集部の情報によると、新宿2丁目だけでなく、秋葉原や浅草にも男の娘や女装子さんに会えるお店があるという。なぜ男の娘は人気なのか? その秘密を探るため、可愛い男の娘がいるという都内のお店を取材してみた。

 まず最初に訪れたのは、秋葉原にある『男の娘カフェ&バー NEW TYPE』。2009年5月にスタートしたこのお店は、今年2014年5月で5周年になる老舗だ。

 ドアを開けると、美人の男の娘が迎えてくれた。


■男の娘のお店を作ろうと思ったきっかけは?
ちあきさん「お店を作ったのは、代表の【茶漬け】さんです。秋葉原にはゲーム・アニメ系コスプレの延長としての女装文化があったのと、「秋葉原といえばメイド!」という発想から、メイド+男の娘をコンセプトにしたお店って他にないのでは? と思い、作りました。“女装子”という呼び方もありますが、新宿方面でできた言葉でもあるので、差別化するためにも“男の娘”という表現を使っています。NEWTYPEの男の娘たちは、女装を「性的なもの」ではなく「ファッション」として捉えていて、女装に対する考え方もすごくライトだったりします。男の娘=“超絶可愛い女装男子”というニュアンスで、そんな男の娘が売りのお店です」


■運営者として、気を配っていることは?
ちあきさん「キャストには、キャラは作らず自然体で! と言っています。でも、女装している限りは、男らしさが出過ぎないように、残念だなと思われないように、服装に合った立ち振る舞いをするように心がけています。当店では、他のお店と少し違い、お客さんには、知らない人の隣であっても、カウンターに詰めて座ってもらうようにしています。男の娘を見に来たお客さんたちが一緒にいることでキャストが共通の話題をしやすく、また、常連さんが初めて来た人に話しかけてくれるので、知らないうちにお客さん同士で盛り上がったりするんです。いつの間にか、仲良くなったお客さん同士でNEWTYPE以外でも遊びに行ってるみたいです。“友達が増える店”なんて言われてます」

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング