キュン死必至! デコログ女子2000人が選んだ「好きな恋愛映画」ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2014年3月23日 9時20分

写真

『Decolog PAPER(5月号)』(ミツバチワークス)

 女子にとって恋愛映画は、甘いシーンにキュンとしたり、自分の恋愛を重ねて主人公に感情移入したり、涙を流してデトックスしたり、濃密な時間をもたらしてくれます。たとえハッピーエンドでも、すれ違いや裏切りなどの切なさやもどかしさも恋愛映画の醍醐味ですが、今いったいどんな作品が人気なのでしょうか。トレンドに敏感な10代後半から20代の女子に支持されるブログサイト「デコログ」の雑誌版『Decolog PAPER(5月号)』(ミツバチワークス)で発表された「好きな恋愛映画」ランキングを紹介します。編集部協力のもと、雑誌に掲載できなかった内容もご紹介します。

関連情報を含む記事はこちら

■1位 『恋空』 主演:新垣結衣×三浦春馬
人気携帯小説の映画化。切なすぎて号泣必至!
「純粋であんな恋をしてみたいと思った」
「恋人の大切さがわかる」
「何回観ても泣ける」
「キュンキュンする」
「これはヤバイ!」
「いろんなことを教えてもらった映画」

■2位 『僕の初恋を君に捧ぐ』 主演:井上真央×岡田将生
ライバル、病気……様々な試練が襲う!
「ラブラブに見えて、実はどこのカップルより深い悩みを抱えている。キュンキュン、ドキドキ、ハラハラして、最後は涙。こんなに感情が出る恋愛映画は初めて」

■3位 『今日、恋をはじめます』 主演:武井咲×松坂桃李
冴えないヒロインが恋の力で変わる!
「武井咲ちゃんと松坂桃李くんがお似合いすぎるし、あの胸が痛くなるすれ違いとか、本当に共感する!」
「一つひとつのシーンに、キュンっときた」
「武井咲ちゃんが可愛い」

■4位 『僕等がいた』 主演:生田斗真×吉高由里子
恋人との死別をひきずる彼。遠距離恋愛はうまくいくのか…
「2人のすれ違いと最終的にハッピーエンドなのが◎」
「生田斗真が好きだから」
「切なくて胸キュン」
「斗真くんの嫉妬するところがイイ!」

■5位 『ただ、君を愛してる』主演:玉木宏×宮﨑あおい
ロングセラー小説を映画化! 純愛ラブストーリー
「とにかく切ないけど、なぜか心が温まります」
「ただただ、泣ける…」
「宮崎あおいが可愛すぎる」
「ヒロインの純愛が切ない」

ランク外の作品はこちら
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『きみに読む物語』、『花より男子ファイナル』
『君に届け』、『パール・ハーバー』、『トワイライト』、『(500)日のサマー』など。

 いかがだったでしょうか。人気のマンガや小説が原作の映画がヒットする傾向が強い昨今、今後どんな作品が登場するか楽しみです。

文=中川寛子

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング