NEWS加藤シゲアキ 長編第3作発表「人はいつだってリスタートできる そう信じたいんです」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年4月9日 12時0分

写真

『Burn. バーン』(加藤シゲアキ/KADOKAWA 角川書店)

 ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「NEWS」のメンバーであり、話題のドラマ『失恋ショコラティエ』などで俳優としても活躍する、加藤シゲアキ。2012年1月に『ピンクとグレー』で小説家デビューを果たした際、彼は年に1冊ペースで書き続けると宣言した。まさに有言実行の人だ。このほど〈渋谷サーガ〉最新作となる長編第3作『Burn.−バーン−』を完成させた。

関連情報を含む記事はこちら

「2冊、3冊と本を出していくことで、みなさんに信頼してもらいたかったんです。一発屋の気まぐれじゃなくて、“あっ、この人は本当に書く人なんだ”と。そうすることで、ジャニーズという色眼鏡をだんだん薄くすることができるんじゃないかなと思ったんです」

 今回の作品は、前の2作を書いたからこそ書けたという。『ピンクとグレー』で挑戦したミステリー的な構成の妙と、続く『閃光スクランブル』で挑戦したエンターテインメントの醍醐味。2作で獲得したテクニックを「いいとこどり」したうえで、「今まで書いたことのないものを書きたかった」。それは何か?

「『ピンクとグレー』では男同士の関係を書いて、次の『閃光スクランブル』では男女の関係を書きました。じゃあ次は、家族という関係をテーマにしてみようかなと。ただ、僕自身は家族にそれほど難がないというか、家族について真剣に考えざるをえなくなるようなシチュエーションに陥ったことがなくて。考えるきっかけになったのは、仲のいい友人同士が結婚したことでしたね。ふたりが結婚して、彼女のお腹が徐々に大きくなって、その子供が生まれて……。それを全部近くで見ることができた。新しい家族を作るという時の、女性の気持ち男の気持ちがともに聞ける場所にいられたというか。そんな二人を見ながら、自分なりに家族について考えたり思い出したりしたことをここで書いてみたいと思ったんです」


■「子供になる」過去と「父になる」現在を描く

 今年30歳になる劇作家・夏川レイジが、演劇界の最高賞を受賞するシーンで物語は開幕する。華やかなムードは、年上の尊敬する女優・世々子との会話によって一変する。レイジは20年前、天才子役と呼ばれ、世々子とも共演を果たしていたのだ。ところが。「あの実は……二十年前の記憶だけ欠けてるんです」「自分が子役をやっていた記憶はほぼありません」

 マネージャーであり、私生活のパートナーでもある望美は妊娠7カ月だ。授賞式の帰り道、過去の記憶がフラッシュバックしたレイジはパニックを起こす。ハンドルを握る望美にも動揺が走り、ふたりは交通事故に巻き込まれる。子供はどうなるのか。記憶を封じ込めたくなるほど重いレイジの過去とは? 現在のレイジと、小学4年生のレイジ─ふたつのパートがスイッチしながら、物語は進んでいく。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング