「コナン」はプロットなしで描いている!? コナン青山剛昌・ちはやふる末次由紀 対談

ダ・ヴィンチニュース / 2014年4月16日 11時0分

写真

『名探偵コナン』82巻(青山剛昌/小学館)

 今年、連載20周年を迎えたマンガ『名探偵コナン』。その歴史とともに、小学生から大人になった読者も多いことだろう。マンガ、アニメ、実写ドラマに『ルパン三世』とのコラボレーション、さまざまな形でファンを魅了し続ける『名探偵コナン』を、同じく創刊20周年を迎えた『ダ・ヴィンチ』5月号で大特集。

関連情報を含む記事はこちら

 ファンを公言する佐藤健と著者・青山剛昌との対談や、『謎解きはディナーのあとで』の東川篤哉による書き下ろしコラボ小説、青山自身の描きおろしイラストなど豪華企画を掲載。ここでは、大人気かるた漫画『ちはやふる』の著者、末次由紀との対談を一部公開!

【末次】 先生はプロットは作るんですか?

【青山】 全然。まったく作りません。

【末次】 ほんとですか!? でも『コナン』って、いろいろな謎の伏線を、とても上手に長い時間をかけて張っているじゃないですか。

──たとえば灰原は2巻で存在が匂わされていましたが、コナンの学校に転校してきたのは18巻でした。

【青山】 灰原はね、もう少し早く出そうと思っていたんです。でもアニメが始まって、コナンのライバルがほしいと言われまして、服部平次を先に出したんです。『ちはやふる』の伏線だって、すごいじゃないですか。そもそも1話目は、千早ちゃんのクイーン戦から始まってる。あの絵を見て、いろいろ深読みしてしまいます。千早ちゃんの「お願い だれも息をしないで」っていうセリフもいい。あれを超えるセリフはなかなかないですよ。

【末次】 ああいう始め方にすれば、読者に安心して読んでいただけるかなと思いまして。これは千早がクイーンを目指すストーリーなんだとわかる。

【青山】 それと俺、机君は絶対に千早ちゃんが好きだと思ってたんですよ。「1字決まりが20枚ある」と教えたお礼に、キャンディーもらうでしょ。机君はそれを食べずに、大事に宝物にしているはず。あとでこのキャンディー出てくるぞって、アシスタントにドヤ顔で言ったんだけど、一向に……(笑)。

【末次】 なんて細かい着眼点!

【青山】 来年は、きっと新がチームを作って高校選手権の団体戦に出てくるでしょ? それで瑞沢高校と戦う。

【末次】 うーーん、それを描くと長くなっちゃう。ほら、私、長期連載恐怖症ですから(笑)。先生は、プロットがないということは、伏線を張るタイミングや内容は、計画を立てているわけではないんですね?

【青山】 ないです、ないです。カンというか気分というかですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング