「“正しさ”は“優しさ”にはかなわない」 ―妻で母でアスペルガーの社長が自身のトリセツづくりで学んだこと

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月3日 9時20分

写真

『アスペルガーですが、妻で母で社長です。』(アズ直子/大和出版)

 「自分のトリセツ」があったら便利だな、と感じたことはないだろうか?

関連情報を含む記事はこちら

 筆者は会社員からフリーランスに転向した当初、よくやるミスのリスクヘッジとして、陥りやすい失敗対策ルールをつくったことがある。単純なことで言えば、数字のうっかりミス防止を含む「取材撮影進行メールの確認ポイント」や、取材先や打ち合わせに行く際の「方向オンチ防止マイルール」など。また、心理学やカウンセリングの勉強を重ねる中で自ずと自己理解が進み、自分のトリセツ的なものが構築され、自分自身とつきあいやすくなった感がある。

 人は自分の特徴を把握し、得手不得手を知ることで、それを手がかりに自分とうまくつきあう工夫をすることができる。

 次元が違う話なので筆者の例を前フリにするのも誠に恐縮なのだが、発達障害をもつ方で自身のトリセツを執筆された人がいる。海外赴任中の夫をもつ妻で、中学生の娘をもつ母で、ヒーリングアイテムを扱う会社の社長で、ADD(注意欠陥障害)傾向の強いアスペルガー症候群をもつ、アズ直子氏だ。

 著書の『アスペルガーですが、妻で母で社長です。』(アズ直子/大和出版)では、大人になるまでアスペルガーであることに気づかず、生きづらさを感じていた著者が苦心の末に見つけた、人とうまくいく30のルールが明かされている。空気が読めずに浮いてしまう、なぜか人との会話が噛み合ない、時間を守るのが苦手なのに、規則やルールにはこだわってしまうなど、そんな悩みをもつ人たちに、ぜひ読んでほしいという。

 ちなみにアスペルガー症候群は、自閉症などとともに現在、広汎性発達障害(PDD)のひとつに定義されている(厚生労働省)。発達障害の原因としてはなんらかの中枢神経の機能不全が推定され、その特徴的な行動は本人のわがままや努力不足のせいではなく、そのことで当の本人がいちばん困っていることを、まず理解すべきである(『手にとるように発達心理学がわかる本』小野寺敦子著/かんき出版 より)。特にアスペルガーの場合、人の気持ちを想像できず、悪気もなく人を傷つける発言をしてしまい、相手を怒らせてしまうことも少なくない。

 幼少時代から、対人関係における微妙な空気を読みとれず、友達からウザがられる「へんてこな自分」が大嫌いだった彼女は、大人になっても相変わらず人づきあいが苦手だった。パーティでTPOをわきまえずにエライ人の名前を呼び捨てにしてしまったり、相手との距離感が近すぎてあとでクレームが寄せられては怒られる。そのたびに恥ずかしさや悔しさが入り乱れるだけでなく「なぜ場所によって態度を変えなくてはならないのか」という疑問で混乱に陥り、悩む日々が続いた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング