いいね! が有料? 地域通貨? 専門家が予測するお金儲けと幸せの関係

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月4日 9時20分

写真

『金持ちゾウさん 貧乏ゾウさん 仕事と人生の変わらない法則』(本田健/PHP研究所)

 4月1日から消費税が8%へアップするという前日まで、駅の定期券売り場に長蛇の列ができたことは記憶に新しい。たった3%の値上がりとはいえ、不況下においては節約すべき大切な金額なのである。アベノミクスなどとメディアでは騒がれていても、それはほんの一部の富裕層が優遇されるのみ。庶民が収入を増やすにはFX、アフィリエイト、YouTubeでの広告収入など、さまざまな選択肢があるとはいえ、どれもうまくいくかどうか確証は得られない。目先の小銭稼ぎをする前に、ここらでいったん、お金の本質について考えてみるタイミングなのかもしれない。

関連情報を含む記事はこちら

 経営コンサルタント会社、ベンチャーキャピタル会社などを営み、お金に関する専門家として多数のベストセラーを出版している本田健氏による、作家10周年の記念作『金持ちゾウさん 貧乏ゾウさん 仕事と人生の変わらない法則』(PHP研究所)を紐解いてみよう。本書はタイトルからわかるように、ベストセラーであるロバート・キヨサキ著『金持ち父さん 貧乏父さん』(筑摩書房)のアンチテーゼだという。

 かつては炭鉱の町として復興したカネー村には、ゾウたちが住んでいる。住人はそれぞれの身丈に見合った生活を送っていたのだが、ある日、ヘッジファンドの勧誘によって騒動に巻き込まれることに。お金が持つ魔力や、利益に目が眩んで一喜一憂する心模様が、童話のような優しい語り口調で展開されていく。

 主要登場人物の名前はそれぞれナイーゾ、ヤルーゾ、ヘルーゾ、トルーゾなどと、性格を反映したもの。読者はそれぞれに自分を投影しながら、読み進めていくことができる。ヘッジファンドを持ちかけるのは、青年実業家でもあるトルーゾだ。同窓会の席で旧友に儲け話をすることから、騒動の幕は開かれる。お金がどんどん儲かると信じて、村中が喜びにあふれて浮かれていた日々から一転し、トルーゾが信じていた師匠的存在が持ち逃げをしてしまうことで、それぞれの象は財産をなくしてしまうことに。そのとき、仕事のことや妻のこと、子どものこと、親のことなどを振り返り、本質を今一度思い出していく。

 ナイーゾはパン屋を営んでいたのだが、父から譲り受けた仕事を好きになれないでいた。しかし、村の住人たちが財産をなくし、悲しみのどん底に沈んでいたときに、パンを焼く決意をする。やがて、やってきた客たちは嬉しそうにパンを買って行く。お金のない者に対しては、支払いは後日でもよいと言ってパンを譲った。また、友人が自殺を企てて、一命を取り留めた病室でパンを食べさせると「おいしいよ、ナイーゾ、このパンは最高だよ。ぼく、昨日から何も食べていなかったんだ。おいしい、本当においしい!」と美味しそうに食べる様子を見て、自分の仕事の素晴らしさに気づくのである。つまり、人を喜ばせることこそが仕事の本質であり、それは自身の喜びにも繋がっていくのだと、ナイーゾは知ったのだった。収入の低さを嘆いて愚痴ばかり言っていた妻も「あなたを好きになったのはね、あなたのパンを焼く姿がすてきだったからよ」と涙を流す。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング