【名言集】かつてはシャイな性格だった!? ジローラモが体得した全然ちょいワルじゃない「自分の人生をポジティブに楽しむコツ」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月4日 9時20分

写真

『ジロスタイル』(パンツェッタ・ジローラモ/大和書房)

 雑誌『LEON』で“チョイワルオヤジ”を体現する男、陽気で快活な悩みのなさそうなイタリア人のオッサン…。ジローラモという名を聞いて、こんなイメージを持っている人は多いのではないだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 『ジロスタイル』(パンツェッタ・ジローラモ/大和書房)を読むまでの自分も、そんな1人だった。しかし、本書を読むと、彼の考える“楽しく生きる”コツが、決してイタリア人だからでも、天性生まれ持ったものでもないことがわかる。

 というのも、彼は少年のころからとてもシャイで、女の人に声もかけられないどころか、知らない人と話すのも苦手だったらしい。日本にやってきてからも、コミュニケーションの面で、仕事の面で苦労をしている。当然だ。外国から単身日本にやってきて、言葉もわからない国で、常識の違う国で暮らし始めたのだから。

 『ジロスタイル』では、彼が50年あまりの人生で体得してきた“自分を活かして楽しく生きる”ための45の方法が伝授されている。その中から、ジローラモらしい名言を5つ、ご紹介しよう。

【もしも現状を変えたいと思うなら、まずは明日の朝、ひとつだけ今朝と違う行動をしてみることをおすすめする。】
朝は、とかくルーティン化しがち。いつもと違うことを自分で考えて実行することは達成感があるし、「いつもと同じ毎日」を脱却する近道でもある。

【コミュニケーションにコツなんてないけれど、しいて私が実践していることをひとつあげるとするならば、「成功は、ひとり占めせずに、みんなで分かち合う」というということかな。】
コミュニケーションとは、「周りにいる人を大切にすること」だとジローラモ。これは「なぜみんな自分をわかってくれないんだ?」と思っていた来日時、「周囲の気持ちを考えていないからだ」という結論に至った経験から来ている。

【マナーはルールではないけれど、守ったほうがカッコいいことは多々ある。】
「マナーに厳しいところは日本のいいところだし、カッコいいところでもある」とも。大人としてマナーを守ることは、大人としての節度を示す意味で「カッコいい」というのだ。

【もし、今、あなたが好きなことや趣味があるなら、今よりももっと自由に考えて、もっと自由に動いたらいいと思う。(中略)それはとくに意味のあることでなくても構わないし、人に発表しなくても構わない。大切なのは、自分が楽しいと思えたり、心が動かされたりするということ。】
とかく「意味」や「意義」にとらわれがちだが、人生は自分だけのもの。頭で考えたり事前調査誌をしすぎたりすることなく自由にふるまうことで、自分らしい新しい体験が待っている。それは、他人の目を気にすることではない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング