椎名へきるさんへインタビュー。声優・歌手としての軌跡を辿る【後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月4日 9時20分

写真

声優アーティストの先駆け的存在の「椎名へきる」さん単独インタビュー

 声優デビュー22周年、歌手デビュー20周年を迎えた椎名へきるさん。前編では、声優としての過去や現在を振り返ると共に、時代ごとの感情などに語って頂いた。そして今回は、歌手としての一面を語っていただくと共に、プライベートの素顔についても伺った。

関連情報を含む記事はこちら


■歌手デビューから20年。椎名へきるが語る過去と現在

――歌手デビュー20週年を迎え、変化を感じる部分はありますか?

椎名「基本的には変わっていません。色々なものに関わらせて頂いて、やってきたことについては何か残せてきたのかなと思います。ただ、自分の“芯”の部分については何ら変わっていないですね」

――“芯”の部分とはどういったところですか?

椎名「具体的には、仕事をまず“きちんとやる”っていうところ。また、お客さんに参加して頂けるライブやイベントについては、とにかく“楽しんでもらう”という部分です」

――ステージから眺める中で、やはりファンの方々の変化も感じますか?

椎名「ずっといらっしゃって下さる方々はやはり分かります。みなさん盛り上がるときは盛り上がる、休むときは休むっていう緩急を捉えてらっしゃるなって。また、ベビーカーでお子さんを連れてきたり、お子さんを抱えている方々もいるので、そういった部分でも感じますね」

――デビューから20年間、活動を支えるスタッフもずっと一緒だそうですね。

椎名「一緒になって作ってきた感覚です。私の意見に、スタッフやサポートメンバーからも“こうした方がいいんじゃないか”という提案が出てくる。どうしたら喜んでもらえるか、ライブを進めていけるかについて、みんな柔軟なので“A案、B案……”と、活発に議論しあえる仲間です。仕事としての線引きもきちんとしてくれるし、緊張感を持ちつつ自分の引き出しをすべて開けてくれるので、意見をぶつけ合うことはあっても、“これは絶対こうだ!”といってぶつかり合うことはないですね」

――声優と歌手を両立した先駆けだと思うのですが、現在と過去の声優業界における変化はありますか?

椎名「間口が広がったと思います。デビュー当時は、ライブツアーと声のお仕事を両立するというのはなかなか認知されていなかったんですね。今、活躍されている方々が当たり前のようにやっていることが、当たり前ではなかったと思います」

――前例がなく、ファンの方も初めは戸惑ったのではないかと。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング