北九州にアニメグッズが集う障がい者向け施設が誕生。その理事長に聞く

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月23日 11時0分

写真

オタクグッズを多数集めた障がい者向けデイサービス施設「みんなの王国」

 2014年4月、福岡県北九州市にアニメやキャラクター、アイドルなどのグッズを多数集めたデイサービス施設「みんなの王国」がオープンした。障がい者の就労支援とサブカルを組み合わせた新しい試みに、多くの関心が寄せられている。オープンして間もない中、同施設を運営するNPO法人 いこい広場DANDANの理事長・中西和也さんにお話を伺った。

【写真あり】関連情報を含む記事はこちら

――施設の設立に至ったきっかけをお聞かせ下さい。

 前職の障がい者施設で、利用者や入居者からの声を聞いていたのがきっかけでした。障がい者ご本人やその家族、従事する職員たちとふれあう中で、アニメやキャラクター、アイドルなどを心から好きな方たちがとても多いことに気づかされました。


――施設の名称『みんなの王国』の由来は何ですか?

 この施設に集まる利用者のみなさまが、全員“王様”になった気分で過ごしていただけるようにという意味を込めました。


――施設のある北九州も近年、サブカルに力を入れていますね。

 駅前には『あるあるCity』という娯楽移設がありますし、今やアニメ自体も、日本の文化となっていますからね。ただ、障がい者本人やご家族のお話を聞いていると、なかなかそういう場所に足を踏み出せない現状もあったようです。『あるあるCity』やグッズ専門店へ行くには、交通の便や、たくさんの人の中にひとりではなかなか行けないという声も耳にしていました。


――そういった声がささやかれていた中で、利用者の反応はいかがですか?

 家族からは『よくぞこういうのを作ってくれた!』という反響もいただいています。利用者の中では、他の場所でアニメが好きだというのを大々的に言うことができず、施設で行われるレクリエーションに馴染めず、ふさぎ込んでいるという意見も聞いていました。そのため、施設へ通うこと自体が嫌で引きこもりがちになり、なかば無理やり連れて行かれるような現状もあったようなんですね。だから、この施設ではとにかく楽しく過ごしてほしいと考えています。


――4月のオープンから現在まで、施設の状況はいかがですか?

 オープンしてからは各所で取材していただいたこともあり、見学者や体験希望の方からの問合せも日に日に増えている印象ですね。利用されている方々も、それぞれみなさん楽しんで過ごされています。準備段階では色々と苦労もあり、スタッフみんなで『あるあるCity』などを足で見て回ったりしましたが、こうして身を結び、当初からあった「楽しい雰囲気が味わえる空間をご提供したい」という思いが形となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング