AKB48がダーツで全国チャンピオンを目指す! ダーツでもセンターを狙います!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月29日 17時0分

写真

DARTSLIVE×AKB48記者発表会より

 5月28日、アイドルグループ・AKB48から選ばれたメンバーがダーツに挑戦するプロジェクト「DARTSLIVE×AKB48」の発表が、六本木・i Darts TOKYO で行われた。

関連情報を含む記事はこちら

 周知の通り、岩手県のイベント会場でAKB48のメンバーが切りつけられたという事件の直後だけあって、会場にはおよそ100人の報道陣が詰め寄せたが、事件で怪我を負った川栄李奈さんと入山杏奈さんについては、冒頭に木﨑ゆりあさんから「早く良くなってまた一緒にお仕事がしたい。私たちも今できることを一生懸命元気にやっていきたい。」とだけコメントがされた。

 この企画は、AKB48から、Aチームの中西智代梨・中村麻里子・武藤十夢、Kチームの相笠萌・小嶋真子・田野優花、Bチームの伊豆田莉奈・小笠原茉由・高橋朱里、4チームの加藤玲奈・木﨑ゆりあ・向井地美音の計12名がチームごとに競いながら、4カ月の特訓を経て、9月27日に行われる全国大会の優勝チームと対決を果たすというもの。この日は、木﨑ゆりあ・小嶋真子・相笠萌・伊豆田莉奈・向井地美音・田野優花がチームを代表して登場した。

 木﨑ゆりあさんは「びっくりです!4カ月しかないんですけど、他のチームに負けないように頑張ります!」と戸惑いながらも意気込んだ。自宅にダーツがあるという小嶋真子さんは「壁に飾ってあるんで、自主練習をバリバリやります!」と対抗心を燃やした。

 さっそく、慣れない手つきでダーツに挑戦した木﨑ゆりあさんは、メンバーをコーチするプロダーツプレイヤーのほしのりえさんから「しっかり的に届いて上手いですね。」と褒められて機嫌をよくしたが、次に投げた小嶋真子さんはなんと的の中心に矢を当てて周囲を驚かせた。

 木﨑ゆりあさんは初めての本格的なダーツ体験に興奮しながら「初心者が多いので上手くいかないことも多いでしょうが、チームで協力して支えあって、どのチームかが一位になれたらいいな。」と抱負を語った。

 また、囲み取材で選抜総選挙について尋ねられた木﨑ゆりあさんは「前回22位だったのでそれより上に行きたいが、一年間の頑張りをファンの方が評価してくださることだと思って、気負わずイベントとして楽しみたい。選抜を目標にしてセンターも入れたらいいですが、前回は22位でダブルピースだったので、今回はワンピースで12位を目指します。」とコメントした。

文=Girls News

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング