「ビジネスで“ノー”は禁句」8億の借金をかかえた男が“世界一の庭師”になった理由

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月5日 7時20分

写真

『まず「できます」と言え。やり方は帰り道で考えろ。「世界一の庭師」の仕事の流儀』(石原和幸/KADOKAWA 中経出版)

 6月2日(月)、三省堂書店神保町本店で、庭園デザイナー・石原和幸氏の新著『まず「できます」と言え。やり方は帰り道で考えろ。 「世界一の庭師」の仕事の流儀』(KADOKAWA 中経出版)の刊行イベントが開催された。

【写真あり】関連情報を含む記事はこちら

 まず、庭園デザイナー・石原和幸とは何者なのか? そう思う人も多いかもしれない。彼は、ガーデン大国のイギリスで100年の歴史を誇り、エリザベス女王主催の「チェルシーフラワーショー」で、今年5月にゴールドメダルとベストガーデン賞を受賞。史上初2度目の3連覇という金字塔を打ち立てた人物。世界から毎年20万人が来場するこの大会での受賞はスポーツでいえばオリンピックで金メダルを獲るに値し、その腕は、エリザベス女王から「庭の魔法使い」と絶賛されたほど。これまでに手掛けた庭園は、「ウェスティンホテル東京」「ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの庭」「イオンモール幕張新都心店の正面玄関の庭」「羽田空港第1旅客ターミナルビル内の庭」「シンガポール最大の植物園・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのクリスマスガーデン」と、国内外問わず、活躍中だ。

 だが、そんな石原氏もここまで来るまでは険しい道のりだった。庭の仕事をはじめたのは30代後半。路上販売の花屋からスタートしその日暮らしの生活を送っていた時期もあった。その後、独立して長崎の繁華街に念願の花屋をオープンさせるも、事業に失敗。一時は8億円もの負債を抱え自転車操業の日々。子供が嬉しそうに学校から持ち帰ってきた“ピンクの手紙”は、授業料未納のお知らせ…。いくつもの困難にぶちあたるも、氏が思い描いた「ゴール」を一心に追いかけた末、手に入れた「世界一」なのだ。

 紆余曲折を経て、「世界一」を手に入れた石原氏。イベントでは次のように語った。

――チェルシーフラワーショーに参加するまでの経緯は?
「ウェスティンホテル、ディズニーの庭をどうやってつくれるか考えていました。そう思ったとき、世界のてっぺんチェルシーに行こうと思い実際に行ってみました。そこで自ら“僕はすごいです、できます”とアピールしました」

――世界の舞台に立ち感じることはなんですか?
「日本人ということがブランドになります。庭園作りはイギリス人が上手なイメージがありますが、日本人のきめ細やかな技、色のテイスト、石を一つ積むにしても几帳面。それは武器だと思います」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング