「6月病」にも負けない、五感をゆるめて疲れない身体を手に入れる方法

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月16日 7時20分

写真

『「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる!』(藤本靖/さくら舎)

 かつて「5月病」と呼ばれていた“やる気レス”で“だるおも”な心のスランプが、近年では「6月病」として、メンタルヘルスの現場でも注目されている。

関連情報を含む記事はこちら

 振り返れば、誰もがそれなりに気力に満ちていたはずの4月。入学したての学生や、新社会人のフレッシャーズには、生活環境ごと仕切り直しのできる季節でもある。

 ところが、GWを過ぎてひと段落するころから、にわかに「やる気が出ない」「プチうつかも…」などと心がざわつく不安感が徐々に現れる。4月は新人研修など新しい環境に慣れるのに手一杯、5月からいざ仕事が本格始動したものの、6月にはそれがひと段落。学生の場合は新生活に夢中なうちはいいけれど、知らず知らずのうちにストレスが蓄積されて、心身に疲れがじわりとたまる。やはりひと段落して「ふう。」と、緊張の糸がとぎれた瞬間、ブルーな気分に飲み込まれてしまうのだ。

 ちなみに「5月病」も「6月病」も正式な医学用語ではなく、精神的な症状の総称だ。急激な環境の変化に心と体がついていけない「適応障害」に位置づけられる。

 そんな“心のだるおも”状態をできれば事前に回避すべく、その解決策を『「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる!』(藤本靖/さくら舎)に求めてみた。

 著者の藤本氏は、ロルフィング(筋膜を柔らかくすることで体全体のバランスをとる手技療法)の第一人者であり、心と体をゆるめる達人である。この本では目や耳、口や鼻など“感覚器官(身体のセンサー)の力み”をとることで「疲れない身体」を手に入れられるという。いったいどのような方法なのか。早速ご紹介していこう。

 まず、著者が提唱する“感覚器官の力み”が疲れにつながる論をざっくりかいつまんでみる。

 たとえば、感覚器官が力む状況を「パソコンを長時間見ていると目が疲れる」「聞きたくない話や騒音で耳が緊張して肩がこる」「ガマンしていると口元が力んで固くなる」「嗅ぎたくない臭いや空気にさらされるとストレスになる」と、具体的に思い浮かべると、すんなりイメージできるのではないか。つまり、人のストレスは“五感にまつわる器官からやってくる”と言い換えられる。

 各感覚器官のゆるめ方については、できれば本書を読んでほしい。概略だけお伝えすると、目の場合は、仰向けになってまぶたを閉じ指で眼球に触れるワーク。耳の場合は、横向きに寝ながら耳をつまんで軽くひっぱるワーク。口の場合は、アゴの力を抜く前屈のワーク。鼻の場合は、つけ根を軽くはさんでゆるめるワーク。感覚器官をゆるめることで身体の芯からゆるんで、疲れがとれて楽になるのだという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング