腐女子歓喜のセクシーショットも!? 長友の萌える筋肉の秘密とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月20日 11時30分

写真

『長友佑都体幹トレーニング20』(長友佑都/ベストセラーズ)

 W杯開催で盛り上がるサッカー熱。でも、サポーターの女子にとっては、その試合だけでなく、選手たちの素敵な身体を眺めるのも一興だ。特に、ユニフォーム交換のときに見える腹筋などはたまらないのではないか。なかでも、長友の筋肉はスゴすぎると話題になっているが、その肉体美は体幹トレーニングによって作られているようだ。そこで、その肉体美も堪能できる『長友佑都体幹トレーニング20』(長友佑都/ベストセラーズ)から、女子がそそられるポイントや、その身体をつくるためのトレーニングを紹介してみよう。

関連情報を含む記事はこちら

 まず、長友のスゴすぎる腹筋を作っているのが、片ヒザを立てて仰向けに寝そべり、上体と伸ばしたままの脚をヒザの高さまで上げる「Vクランチ」といったトレーニング。この「Vクランチ」では、割れた美しい腹筋を作るための腹直筋やわき腹の筋肉である腹斜筋などを鍛えることができるようだ。服の上からでも筋肉がグッと盛り上がる様子がわかるし、付属のDVDを見ればよりその動きを詳細に観察できる。

 また、“誰よりも走る男”とも呼ばれる長友の脚力を支えるのが、ハーフパンツの上からでもわかるくらいガッシリとした太もも。服の上からでも太ももの筋肉はすごいのだが、「水平クランチ」というトレーニングだと特にその太ももに目が釘付けになる。このトレーニングは、仰向けに寝てヒザを立てた状態から、3秒かけてヒザが90度になるように足を上げ、頭と肩も上げて両手はおへその高さでキープするというもの。だから、膝を上げたときにハーフパンツの裾もめくれあがり、太ももの筋肉があらわになるのだ。日に焼けていない白い肌も、なかなか見られないポイントだろう。

 ちなみに、この太ももを鍛えるためには、脚を肩幅に開き、うつ伏せになって肩と垂直になるようにヒジを立て、お腹を締めることで腰を持ち上げて水平にキープする「フロントブリッジ」などが効果的らしい。

 そして、腐女子的にもおいしいセクシーショットがたくさんある。背骨を伸ばすために、四つん這いになって背中を反らすトレーニングでは、その態勢もさることながら、腰のくびれにドキドキしてしまう人もいるだろう。

 また、「もも上げフロントブリッジ」は、先ほどあげた「フロントブリッジ」の体勢になり、そこから片脚を浮かせてお腹のほうに引きつけた状態でキープするものなのだが、その体勢もかなりきわどい。お腹のほうといっても、まっすぐ太ももがお腹につくようにするのではなく、トカゲのように、横から引きつけるのだ。これを、脚のほうから撮った写真や映像もあるのだが、そこには腐女子の妄想を掻き立てるのに十分な魅力がある。

 さらに、DVDでは身体を支えるために震える腕や脚、吐息まで堪能することができるのだ。見ているだけでも楽しめるが、より細かく観察しながら真似していくと、いつのまにかあなたも素敵な身体をゲットできているかもしれない。

文=小里樹

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング