【第1回「暮らしの小説大賞」 授賞式レポート】 選考委員に『ごちそうさん』の料理を手がけた飯島奈美氏も

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月20日 11時30分

写真

大賞は高森美由紀さんの『ジャパン・ディグニティ』に決定!

 2014年6月3日(火)、本と雑貨のセレクトショップ、マルノウチリーディングスタイルのカフェスペースにて、第1回「暮らしの小説大賞」(主催:株式会社産業編集センター)の授賞式が行われた。

関連情報を含む記事はこちら

 「暮らしの小説大賞」は、<暮らし>と<小説>をつなぐ新しい文学賞として株式会社産業編集センターが立ち上げ、昨年、第1回目の公募が行われた。本賞の特徴は、作品テーマが「衣・食・住」であればジャンルや小説の執筆経験の有無は問われないため、誰もが気軽に応募できること。大賞に輝けば、同社から単行本として出版され全国の書店に並ぶ、つまり作家デビューが約束されていること。そしてもうひとつ、大賞を決める選考委員が作家や文学評論家ではなく、3名の“暮らしのスペシャリスト”であるという点だ。

■暮らしと小説をつなぐ新しい文学賞

 授賞式はまず、この3名の選考委員の紹介からスタートした。

 登壇したのは、フードスタイリストの飯島奈美氏、インテリアショップ オルネドフォイユ・オーナーの谷あきら氏、BACH(バッハ)代表・ブックディレクターの幅允孝氏だ。

 次いで行われた開会挨拶では、産業編集センター編集部・福永恵子氏が、本賞を新設した理由と第1回目の応募状況を語った。

「普段、あまり小説を読まないような人たちにもっと身近に小説を感じてもらいたい、そんな思いから2012年秋に“暮らしの小説大賞準備室”を立ち上げました。
そして第1回目の応募総数は329作品、男女比はほぼ半々で、10代から80代までの方々がエントリーしてくださいました。ジャンルもホラー、サスペンス、時代小説、ライトノベル、ハーレクィーン系など、多岐に渡る分野の小説でしたが、いずれの作品も暮らしと小説を意欲的に結びつけられていました」。


■大賞は髙森美由紀さんの『ジャパン・ディグニティ』

 そしていよいよ、大賞作品の発表が行われた。

 産業編集センター出版部部長、志摩千歳さんが登壇し「大賞は髙森美由紀さんの『ジャパン・ディグニティ』です。おめでとうございます」と、著者の髙森氏を檀上に呼び込んだ。

 満場の拍手の中、みごと329作品の頂点となる大賞を受賞した髙森氏が登壇し、トロフィーや記念品を受け取った後、「今回の受賞を励みに創作活動に意欲を燃やしたい」と受賞の喜びを表明した。

 続いて、選考委員各位が髙森氏への祝辞を述べた。

「髙森さんの作品からは、漆塗り職人さんの日常などを細かく知ることができて、とても興味深かったです。もしこの作品が映画化された際には、ぜひ、私にフードスタイリストをさせてください」(飯島奈美氏)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング