自分が嫌い、対人関係が上手くいかない…そんなネガティブな感情を一掃する、12の会話術!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月23日 7時20分

写真

『心をつなげる 相手と本当の関係を築くために大切な「共感コミュニケーション」12の方法』(アンドリュー・ニューバーグ、マーク・ロバート・ウォルドマン:著、川田志津:訳 名越康文:序文/東洋出版)

 あなたは誰かと会話しているとき、こんなことをやっていないだろうか?

関連情報を含む記事はこちら

・相手が話している話題とは無関係なことを考える
・相手の言っていることに対して心の中で反論する
・ネガティブ思考に影響されるがままになる
・求められてもいないのにアドバイスをしたがる
・聞き上手なふりをする
・次に話したいことを考える
・自分の目標達成のために会話の流れを変える
・会話の相手に対抗するために情報を集める
・自分が興味のある内容にだけ反応する
・何もかもが自分に対する当てつけだという被害妄想を抱く
・自分が聞きたくもないことに耳を貸さない

 「やっている」と思った人は「聞き下手」の可能性が高いそうだ(全米人材開発機構前理事長リサ・J・ダウンズ氏による「聞き下手さんの行動パターン」より)。でも逆に考えてみて欲しい。自分が一生懸命話しているのに、相手にこんなことをされたら腹が立たないだろうか? 「この人は自分のことをわかってくれない」という相手に好意は抱かないし、こんなことを考えている人間の顔には、怒り・無関心・企みなどの表情が知らず知らずのうちに浮かんでいるものだ。

 対人関係の問題を解決するには、まず「自分の心と向き合うこと」が重要で、自分の心の状態を観察して「なぜそういう感情になったのか」「自分は何を求めているのか」を理解することが大事だという。そして相手と共感することがコミュニケーションに必要というのが『心をつなげる 相手と本当の関係を築くために大切な「共感コミュニケーション」12の方法』(アンドリュー・ニューバーグ、マーク・ロバート・ウォルドマン:著、川田志津:訳、名越康文:序文/東洋出版)だ。原題は『WORDS CAN CHANGE YOUR BRAIN 12 Conversation Strategies to Build Trust, Resolve Conflict, and Increase Intimacy』 訳すと「言葉はあなたの脳を変える 信頼を築き、摩擦を解消し、親密さを増すための12の戦略的会話」という意味になる。本書はアメリカの気鋭のベストセラー脳神経学者が、最新の研究やデータに基いて、コミュニケーションに関する仕組みと技法を「知識編」「実践編」「応用編」と3ステップで紹介し、自分の心と相手の心をつなげる「共感コミュニケーション」を説明している。それにはリラックスすることや、ゆっくりと話す必要性など12の方法があるという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング