小松菜奈 浴衣姿で映画「渇き。」の舞台挨拶に登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月17日 18時50分

写真

映画『渇き。』若者たちの“浴衣 de 舞台挨拶”より

 7月15日、映画「渇き。」の若手キャスト陣による舞台挨拶がTOHOシネマズ日本橋で行われ、涼しげな浴衣姿で小松菜奈・清水尋也・森川葵・高杉真宙の4人が登場した。

関連情報を含む記事はこちら

 本作は、過激な描写が賛否両論を繰り広げ社会現象になっている話題の映画だ。

 浴衣の思い出として、小松菜奈さんは「撮影では沢山着たんですけど、プライベートでは中学生の時の夏祭りに行ったとき来たんですけど、その時、ルンルン気分で行ったら土砂降りの雨で、ビショビショになってしまって、そのビショビショの姿で花火を観たことが思い出です。」

 清水尋也さんは「9年ぶりぐらいに着たんですけど、今日が浴衣の思い出になるかなと思います。」

 森川葵さんは「最近、和の小物にハマっていて、浴衣もハマって買ったんですよ。でも、お祭りに行く予定が無くて“今年着れるのかな? せっかく買ったのにな!”という感じで(思っていたら)今日着れたので、“そっち着なくていいかな?”と思っています。」

 高杉真宙さんは「普段そんなに(浴衣を)着ることが無いんですけど、夏祭りと言ったら僕が熊本(の花火大会)でスカウトをされた時の記憶が一番印象的です。それ以来夏祭り行っていないかもしれません。」とコメント。

 今回は、同世代の若手キャスト陣が集まったことについて、小松菜奈さんは「地方の舞台挨拶にも1人で行ったりとか結構多くて、10回ぐらい舞台挨拶したんですけど、今日は同世代の方たちが一緒に居て新鮮で、凄く嬉しいです。」とニッコリ。

「渇き。」の舞台挨拶に登場することができて、大喜びという森川葵さんは、加奈子役の小松菜奈さんについて「私も小松菜奈にすごい惹かれるっていうか、小松菜奈が持っているモノって全部凄いいいなって思えちゃうぐらい、小松菜奈ってすごいんです。加奈子と小松菜奈が被って、加奈子(小松菜奈)に惹かれて演技してました。」と小松菜奈さんの演技を絶賛。

 小松菜奈さんは森川葵さんについて「プライベートでもすごい仲良くてよく遊んだりするので、演技で一緒にお仕事をするの初めてですごい変な感じがして“恥ずかしいね”ってずっと言いながら撮影をしてました。」と照れながら語っていた。

 この日は、二階堂ふみさんが電話で舞台挨拶に登場し、本作について「現場はハードだったんですけど、割と実はカットされたりしてて、それが映ってなくて、ちょっと監督に話を聞いてみたいんですけど・・・。」と語り笑いを誘っていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング