台本は座長の頭の中! 観客が演者に肉まんを渡す! 大衆演劇の舞台裏に隠された仰天&感動エピソード

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月19日 5時50分

写真

『わたしの舞台は舞台裏~大衆演劇裏方日記』(木丸みさき/KADOKAWA メディアファクトリー)

 「流し目王子」こと、早乙女太一さんのブレイクもあって、昨年あたりから関西を中心にジワジワとブームが起きているという大衆演劇。そのルーツは江戸時代よりも前に遡ることができるそうで、長く庶民に愛されてきた娯楽だ。

関連情報を含む記事はこちら

 「下町の玉三郎」こと梅沢富美男さんの名前は、大衆演劇を見たことがないあなたも、知っているのではないだろうか?

 専門誌『演劇グラフ』によれば、「大衆演劇」とは…
・劇場またはセンター(=劇場以外の公演場所で、健康ランドや温泉ホテルなどの施設のこと)で、観客にわかりやすく楽しめる内容の芝居を演じること。
・観客と演者の距離が近く、一体感があること。
・安い料金(歌舞伎や通常の商業演劇と比べ)で、観劇できること。

 「大衆」という割に意外と縁遠い大衆演劇の世界に飛び込んだ女性がいる。『わたしの舞台は舞台裏~大衆演劇裏方日記』(KADOKAWA メディアファクトリー)の作者・木丸みさき氏だ。

 6年前、たまたま大衆演劇を観劇した20代半ばの木丸氏は「初めて観る大衆演劇は楽しくて、キレイで、ちょっと泣けて、舞台が近くてめちゃくちゃ迫力があった」と大感激! 大衆演劇の世界に飛び込んだ。紆余曲折あって、大阪の芝居小屋「すずめ座」の裏方─トーリョーとなったのは3年前。

 以来、客席数100の小さな劇場・すずめ座の舞台裏をひとりで切り盛りしている。

 大衆演劇は「旅役者」と呼ばれる劇団が、全国で30箇所ほどの芝居小屋、各地にあるセンターなどで巡業を行う。劇団は1カ月ごとに入れ替わる。

 各劇団はどこも100以上の外題(演目)のレパートリーを持っていて、毎日違う芝居を打つというのだから驚く。

 しかも、一般の演劇のように台本があって、稽古を重ね、作り上げていくスタイルではない。台本は「座長の頭の中」だけにある! 新作の稽古は、その日の公演の後、座長が身振り手振りで指示を出し、その場で座員たちが段取りやセリフを覚えていく。「口立(くちだて)」という昔ながらのスタイルで、驚くべきスピードですべてが進む。

 ゆえに、大衆演劇の役者さんたちはセリフを覚えるのが早く、記憶力に長けている。座長クラスになると「芝居なら1回、映画なら2回観ればセリフ全部覚えちゃうよ」という超人もいるとか。

 リハーサルという概念がない大衆演劇は、毎日が「ぶっつけ本番」。座長とトーリョーの打合せも、1時間の芝居に対して、ほんの数分。信じられないことに、「トーリョーはあらすじも配役も知らないまま舞台の準備」をし、本番に挑むというのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング