オリジナルTVアニメ 『グラスリップ』 西村純二監督の過去作品を辿る

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月22日 17時30分

写真

7月から放送中の『グラスリップ』。オリジナルアニメだけに先の展開が気になる作品

 夏の新番組も一通り始まって、評判もある程度出揃ってきた今日この頃。ひそかに熱い注目を集めているのが、オリジナルTVアニメ『グラスリップ』ではないでしょうか?

 ハーモニー処理! 真俯瞰(まふかん)! 時系列シャッフル! 西村純二監督らしさの溢れた絵作りと話作り……なのですが、そもそも、西村純二監督ってどういう作家性の監督さんなのでしょうか。代表作を通じてその経歴を振り返ってみたいと思います。

関連情報を含む記事はこちら

◇うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
 ごく普通のスケベな少年、諸星あたる。そんな彼の元に、虎縞ビキニの美少女宇宙人ラムが現れて……という高橋留美子原作の、ドタバタラブコメのもはや古典と言っていい作品です。押井守監督がチーフディレクターを務めたアニメ版の劇場版第二作がこの『ビューティフル・ドリーマー』。「終わらない文化祭前夜」をループし続けるあたるたちを描いた、80年代アニメブームの掉尾を飾る、押井監督の大傑作です。

 西村監督は、実はこの作品で演出を務めています。もともと、西村監督はTVシリーズにローテーション演出家として参加しており、押井監督脚本回でその評価を高めた原点である101話「みじめ! 愛とさすらいの母!?」の演出・絵コンテも担当していました。いわば、巨匠・押井守監督の成長期のベストパートナー。押井監督の奔放な発想を適切に絵にできる演出家。それが西村監督でした。

 なお、押井監督はやがて『うる星やつら』を離れ、同時に制作がスタジオぴえろからスタジオディーンに移り、やまざきかずお監督がチーフディレクター、西村監督がアシスタントディレクターを務めることに。以降、西村監督はスタジオディーンでの仕事が多くなります。


◇ハーメルンのバイオリン弾き
 西村監督は、シンエイ動画制作でディーンが製作協力に入った『プロゴルファー猿』で初監督を経験。以降、順調にキャリアを重ねていきます。そんな中で、世間の耳目を集めたのが本作。

 巨大なバイオリンを背負った青年、ハーメル。彼は北の魔王の城を目ざし旅していた……というストーリーはさておいて、本作の凄さは、止め絵が多用され動画枚数が極端に少ない、ということ。予算がなかったわけでもスケジュールがなかったわけでもありません。なんと、西村監督が『新世紀エヴァンゲリオン』について「動かないけれどとても格好いい」という評判を聞きつけ、自分もやってみようと思って極力動かさない絵作りを心掛けた、というのだから自由な作品作りにもほどがあります。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング