【猫と人間、1万年の歴史】美しき猫たち。なぜ彼らは人間をとりこにするのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月27日 5時50分

写真

『世界で一番美しい猫の図鑑』(タムシン・ピッケラル:著、アストリッド・ハリソン:写真、五十嵐友子:訳/エクスナレッジ)

 イギリスのマンチェスターで、体調を崩し倒れた飼い主の危機を知らせるため、隣家の窓を叩いて知らせた飼い猫が、国境を越えて話題になっている。

関連情報を含む記事はこちら

 これが犬なら、さほど珍しくない話のような気もするが、猫の人命救助って、あまり聞かない。

 気ままで、自由で、好奇心旺盛で、決して人に媚びない…猫にはそんなイメージがある。

 犬のように「技」を教えるのはほぼ無理だし、首輪は嫌いだし、すぐ家の外に出たがるし。初めて猫を飼った人は、ペット向きな動物だとは思わなかったのではなかろうか?

 それでも、今や猫は、世界中で広く愛されている。

 そんな「猫」という存在を、人間との関わりの歴史から紐解いたのが、『世界で一番美しい猫の図鑑』(タムシン・ピッケラル:著、アストリッド・ハリソン:写真、五十嵐友子:訳/エクスナレッジ)だ。

 ページをめくる度にため息が出るような、美しい猫の写真が満載の本書を開けば、猫の魅力は一目瞭然。かわいい。撫でたい。抱っこしたい。世界中で愛される理由なんて、説明不要だ。

 だが、猫たちが今のようにペットとして人間社会に溶け込むまでには、約1万年の時間が必要だった…。

 約1万年前、中東の人々が遊牧生活をやめ、定住・農耕を始めたことが、猫と人間との始点だと言われている。居住地にある食料を求めて様々な動物たちが寄ってくる中で、ハツカネズミを退治してくれる存在として、猫は人間社会に受け入れられた。

 数千年後、古代エジプトにおいて猫は、イシス信仰やバステト信仰などにみられるように「崇拝の対象」として、神殿で暮らしたり、愛猫の葬儀が行われるほどに、大切にされた。神への生贄として犠牲になることもあったが、それ以外の無分別な殺生は死刑に値する重罪だった。

 やがて、古代ローマ帝国が拡大するにつれ、猫はヨーロッパ全土へ広がって行く。「穀物を狙うネズミ軍団を倒す」大切な戦力として、猫は従軍していたのだ。

 陸路、海路の発達とともに、猫は極東へも広まっていく。アジアでは、猫は霊的な力と結び付け「魔除け」とされたり、幸運や繁栄の象徴として「招き猫」になったりした。もちろん、対ネズミ軍団としての役割はアジアでも同じだった。

 中世に入ると、猫の運命は下降線をたどった。キリスト教の時代を迎えた欧州では、多神教崇拝と結びつく猫は迫害された。中でも黒猫は魔力や悪霊と関連付けられ、忌み嫌われた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング