『スノハレ』作曲家・山田高弘氏インタビュー「偶然の出会いが、僕を救った」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月27日 5時50分

写真

アニソン史に残るであろう名曲「Snow halation」

 2014年春クールの名場面を聞かれたら、筆者は迷いなく「μ’s 9人の想い」のこもった言葉が呟かれた『ラブライブ!』TVアニメ2期の第8話を挙げます。名曲とアニメ本編が、理想的なリンクをした瞬間に、同じく心震わされたかたも多いのではないでしょうか?

関連情報を含む記事はこちら

 季節はすっかり夏になってしまいましたが、4年ほど前に発売されたにも関わらず今でも愛される名曲『Snow halation』。このアニソン史に残るであろう楽曲はどのように生まれたのか、そしてどんなバックボーンを持つ人が作ったのか――それを確かめるため、今回から2回にわたって同曲の作曲家・山田高弘氏の話をお届けします。

◆居酒屋の出会いがなければ数々の名曲も産まれなかった!?

――まずは山田さんのこれまでを教えてください。

山田:親の意向で京都の音楽幼稚園に行っていました。そこは音楽の授業がわりと多かったので、おかげで音楽に触れるのが当たり前になっていましたね。

――ご両親は音楽系なのですか?

山田:全然そんなことはなく、親父はダンプに乗っています(笑)。幼稚園もあったので小さいころからエレクトーンを弾いていたのですが、中学生くらいからギターを始めてロックが好きになりました。と言っても邦楽ばかりで、ギターがフィーチャーされているB’zとかGLAYとかその辺りですね。当時はよくB’zの『Calling』や『Liar! Liar!』などをコピーしていました。

――バンドはされていたのですか?

山田:いえ、しなかったですね……19歳か20歳のときに一度だけ大人の事情でやりましたけど。僕はとにかくギターが好きなだけで、速弾きを極めるとか、そういった方向の楽しみ方でした。ただ大阪の音楽の専門学校に行きながら「将来はセッションミュージシャン、スタジオミュージシャンになりたいな」と漠然と思ってはいました。

――なるほど、あまり外に出て音楽活動、という感じではなかったのですね。作曲を始められたのはいつから?

山田:25か26ぐらいですね。専門学校を卒業してから2、3年ブラブラしていたのですが、「ミュージシャンなりたいなあ」という思いはあって。それでとあるツテで、デモテープを持って上京しました。それでも上手くいかず、東京でまた3年ほど無駄な時間を過ごしていたのですが、ある時、飲み屋で面白い奴がいて。「初対面なのに馴れ馴れしい奴やな」と思いながら、僕も若気の至りで音楽系の仕事もしていないのに「俺はギタリストや」と言っていたら、相手はビクターのディレクターだったんですよ。もう「すみませんでした!」ですよ(笑)。それで彼に「音楽で食べるなら曲を作るのがいいよ」と言われて。それで作曲を始めたので、かなり遅いですね。それから2年ほどかかって、2009年に初めて僕の曲が世に出ました。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング