少女たちが「年上とのセックス」に惹かれる理由 ―彼女たちの「性のモラル低下」は本当なのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月30日 12時0分

写真

『少女はセックスをどこで学ぶのか』(宋美玄/徳間書店)

 うだるような暑さが続いているが、街中では夏休みを満喫する生徒や学生を見かける季節となった。「開放感」という言葉もよく聞かれる時季だが、未成年者にとっては様々な危険が潜むともいわれる。その中でも目立つのは、少女たちの性被害である。多くは報道で知る限りであるが、少女たちが被害者となった事件もたびたび報告される。

関連情報を含む記事はこちら

 事件に至る経緯は多岐に渡るだろうが、ひとつの疑問として浮かび上がるのは、少女たちがそもそもなぜ「セックスに居場所を求めるのか」ということだ。そこで、産婦人科の現場から未成年の性と向き合ってきた宋美玄の著書『少女はセックスをどこで学ぶのか』(徳間書店)にもとづき、少女たちの性交にまつわる実態を紹介していきたい。

 それではまず、同書で取り上げられた、財団法人「日本性教育協会(JASE)」による「青少年の性行動や性意識についての調査(青少年の性行動全国調査)」を見ていきたい。1974年より約6年おきに調査されており、現在の最新データは2011年の第7回調査である。専門学校生を含めない、中学生から大学生までの合計7640名から得られたデータであるが、同書で注目されているのは「高校生の性交経験率」である。

 1999年から2011年の3度にわたる調査では、男女全体の性交経験率は下がる傾向がみられたものの、2005年からは、女子の経験率が男子を上回っている。さらに、同調査では性交経験の細かなデータも取られており、初体験の年齢は、男子が「15歳(35.6%)」「16歳(26.6%)」「17歳(18.1%)」である一方、女子は「16歳(29.3%)」「15歳(28.6%)」「14歳(15.9%)」となっている。

 一見すると、初体験の年齢そのものに男女の差はあまりみられない。しかし、初体験の内容を記したデータには、男女の大幅なちがいがみられる。相手が年上か年下かという質問では、男子が「同い年(83.1%)」「年上(8.5%)」「年下(7.9%)」である一方、女子が、「同い年(56.7%)」「年上(38.1%)」「年下(4.8%)」となっており、男子と比べて、女子は年上との性交により初体験を済ませる傾向が強いと分かる。

 著者は、産婦人科医として少女たちと話す中で「“男の先輩”、あるいは“年上の男性”の影響力の強さを感じる」と語る。先輩は、教師や部活などを通した身近で親しみやすい理解者として、年上の男性は、学校とは別世界の「社会」を知る「大人」として意識されており、彼らに対する憧れや好奇心、親の代わりになるような「保護感覚」を求めて強く信頼を寄せている印象があるという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング