【努力する必要はないと思っていた…】アイドルが憧れるアイドル“道重さゆみ”ができるまで

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月4日 12時20分

写真

『Sayu』(道重さゆみ/ワニブックス)

 道重さゆみ、25歳。アイドル戦国時代と言われ始めて久しいが、彼女が多くのアイドルたちの鏡になっていることをご存じだろうか。AKB48の小嶋陽菜や渡辺麻友、入山杏奈、SKE48の松村香織、乃木坂46の高山一実、アイドリング!!!の菊地亜美、SCANDALのMAMI…。彼女に憧れ、ファンであることを公言したり、彼女のバースデーイベントで販売されたTシャツを愛用したりするアイドルはかなり多い。

関連情報を含む記事はこちら

 そう、モーニング娘。’14の最年長にして在籍期間最長のリーダーは、アイドルも憧れるアイドルなのである。道重さゆみの25歳の誕生日である7月13日に発売された『道重さゆみ パーソナルブック「Sayu」』(ワニブックス)を開いたならば、その瞬間に私たちは彼女のアイドル性を確認させられる。細い体に白のワンピースをまとい薔薇園に立った少女は、はかなくまばゆい妖精のようだ。

 しかし、アイドルたちが見ているのは、道重のこうした華やかな一面だけではない。もちろん、一般的に知られているような、バラエティ番組で毒を吐くナルシストな姿だけでも、返り咲いたモーニング娘。で10代のメンバーを引っ張るリーダー像だけでもない。彼女たちの目に映るのは、道重のアイドルとしての生き様なのである。

 道重さゆみが「大好きなモーニング娘。になりたい!」とオーディションを受けたのは、2002年。そして、亀井絵里、田中れいな、ソロとして活躍していた藤本美貴とともに6期メンバーとなり、5月にはさいたまスーパーアリーナで行われたコンサートでステージデビューした。

 紅白歌合戦を終えた藤本美貴が加入したことで話題となったこのころのことは、おぼろげにでも覚えている読者も多いかもしれない。だが、道重が『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に登場するまで、記憶に空白がある人がほとんどなのではないだろうか。事実、道重加入時のモーニング娘。は、一世を風靡した時代から少しずつ失速していた。NHKの紅白歌合戦に出場するのも、道重のデビューした2002年が最後となっている。

 あまたのアイドルたちが見つめているのは、この間の暗黒期とも呼べる時期を含めた道重さゆみの歴史だ。実は、彼女はこの間に知られざる苦悩の数年間を送っている。その歴史を探るべく、『Sayu』を紐解いてみたい。

●歌もダメ、踊りもダメ、劣等感で「目立たないこと」を目指していた新人時代

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング