「会いに行くアイドル」AKB48・チーム8 秋葉原と名古屋で劇場デビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月7日 18時20分

写真

AKB48 チーム8 (C)AKS

 8月5日、AKB48・チーム8が秋葉原・AKB48劇場と名古屋・SKE48劇場に分かれて劇場公演「PARTYがはじまるよ」公演を行った。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

「会いに行けるアイドル」として活動してきたAKB48から「会いに行くアイドル」をコンセプトにした新チーム、AKB48チーム8。メンバーは、全国47都道府県で開催された「AKB48 Team 8全国一斉オーディション」によって各都道府県から1人ずつ選出された47名だ。地域に密着した活動で毎週末各地方で行われるイベントに参加していたが、満を持して8月5日にAKB48劇場、SKE48劇場にて「PARTYがはじまるよ」公演を行った。

 他のチームとは異なり「会いに行くアイドル」として劇場を持たずに活動するチーム8。その中から、16名ずつに分かれたメンバーでAKB48劇場、SKE48劇場、それぞれのステージを踏んだ。普段先輩たちが立っている劇場のステージでパフォーマンスすることは大きな喜びとなったようで、この日の為に積んできたレッスンの成果を初めから出し切った全力のパフォーマンスを見せた。

 一方で、自己紹介では言葉に詰まったり、曲紹介でもタイトルがなかなか出てこなかったりと緊張を隠しきれない場面も。AKB48劇場ではファンの掛け声で笑いが起こったり、「桜島『どっかーん』」(下青木香鈴さん・鹿児島県)「びっくり~『ぎょうてん!』」(行天優莉奈さん・香川県)などメンバーのキャッチフレーズを一緒に言うなど、初めての公演とは思えないほどの温かさが会場を包んだ。SKE48劇場では、緊張しているメンバーに対し他のメンバーが「大丈夫?」「頑張って!」と声を掛け合ったりと、ファンの方々とメンバーみんなの力で初めてのステージを乗り切った。

 緊張感いっぱいの公演の中でも、自然と笑顔がこぼれる場面も。出身地をテーマにしたトークコーナーでは故郷を思い出してリラックスしたのか、AKB48劇場では、チーム8最年少12歳の宮里莉羅さん(沖縄県)は、中野郁海さん(鳥取県)が鳥取県の自慢として紹介した「砂丘」を「知らない」と答え、それに対し中野郁海さんが「大きな砂場」と教えると会場に大きな笑いがおこった。またSKE48劇場では「かっこいい大仏や可愛い鹿がいる(大西桃香さん・奈良県)」、「伊勢神宮に松阪牛、いいこといっぱい(山本亜依さん・三重)」と、チーム8らしくご当地自慢に花が咲いた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング