TVアニメ『魔法科高校の劣等生』のよくわかる現代魔法学講座【入学編】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月12日 11時50分

写真

好評放送中の『魔法科高校の劣等生』の魔法解説集

 現在放送中のTVアニメ『魔法科高校の劣等生』。魔法が現実の技術となった近未来の日本で、魔法科高校で魔法を学ぶ高校生たちが、様々な勢力の思惑や国家の陰謀に巻き込まれ、自分たちの未来を掴みとる為に苦難や困難に立ち向かう学園魔術アクションです。

関連情報を含む記事はこちら

 主人公・司波達也と妹である司波深雪を中心に、魔法科高校に在籍する個性豊かな登場人物たちが、魔法を駆使した華麗な戦闘や奥深い駆け引きを繰り広げる姿を、皆さんも毎週ご覧頂いているかと思います。

 ところで、この『魔法科高校の劣等生』で重要な要素として登場する『魔法』。アニメでは幾何学的な魔法陣だったり、空中を伝わる波紋だったりと、不可思議な超常現象のように描かれていますが、実は科学的根拠のある詳細な設定に基づいて描かれているのはご存知でしょうか?

 「高度に発達した科学は魔法と見分けがつかない」とは、かの有名なSF作家アーサー・C・クラークの言葉。この『魔法科高校の劣等生』の魔法は、ファンタジーで描かれるような便利な『魔法』ではなく、実はSF作品で描かれる高度な科学技術の産物なのです。

 今回は、そんな魔法について、まずは「入学編I~VII」で登場したものを解説します。

◆現代魔法学の基礎知識[入学編]
・イデア(情報体次元)
現代魔法学において、この世界の全ての情報が記録されているとされる次元のこと。

・エイドス(個別情報体)
現実の事象に付随する情報体のこと。魔法とは、このエイドスを改変することによって様々な事象を生み出している。

・サイオン(想子)
認識や思考結果を記録する情報素子。人間の“意思や思考を形にする”粒子だとされているが正体は解明されていない。

・魔法式
サイオン(想子)で構築されたエイドスを一時的に改変する為の情報体である。イデアを経由して対象のエイドスに干渉、書き換えることで、一時的に現実世界の事象が改変される。
現代魔法学では、“加速・加重”、“移動・振動”、“収束・発散”、“吸収・放出”の四系統八種の系統魔法。そのカテゴリに属さない古式魔法や情動干渉系魔法といった系統外魔法に大きく分類される。

・CAD(シー・エー・ディー)
魔法を起動するための補助器具。魔法の起動に必要な魔法陣、呪文、呪印といったデータを電子情報として記録している。現代では複雑な魔法を扱う際の魔法の高速化にかかせない道具。多様性を重視し様々な系統魔法を記録できる汎用型、記録できるデータが少ない代わりに魔法の起動速度を重視した特化型、刀や手甲などの武具に内蔵された武装一体型などがある。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング