オタク用語から中国の一般社会に広まった言葉とは? 【コラム】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月18日 17時30分

写真

先日お伝えしたコスプレも人気の中国。写真はYangChenさん

 中国オタク事情を連載している百元です。第3回は中国でオタク用語から中国の一般社会にまで広まった言葉を紹介させていただきます。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

 漢字の存在もあってか日本のアニメや漫画等のオタク関係の言葉が中国のオタク界隈に入り現地特有の使われ方をするようになるのは珍しくありません。また漢字表記ができず中国語に適当な言葉もないものに関しては、中国オタク界隈独自の新たなオタク用語が生まれたり、それまで使われていた別の意味の言葉があてられ使われたりもします。

 そしてそんな中国オタク界隈で使われるオタク用語がネット等を通じて広まり一般レベルで使われるようになるといったこともあります。以下にそういった言葉をいくつか紹介させていただきます。

・「宅男」(ジャィナン)「宅女」(ジャイニュ)
 恐らく最も中国に広まっているオタク関係由来の言葉だと思われます。中国における代表的な中国語辞典の現代漢語詞典の第6版にも収録されている言葉です。 日本の「オタク」、「おたく族」から来ている「御宅」、「御宅族」という言葉から変化していったこの言葉は当初「オタク」の意味で使われていたのですが、その後「引きこもり」、「インドア派」、「外に出ないでPCの前でネットにふけっている」といった意味が加わり、 現在は「外に出ないでPCの前でネットにふけっている」意味の方が先に来るようになっています。

 最近の中国では娯楽やメディアに関してPCとネットの存在が非常に大きいことから、引きこもりとまではいかなくてもずっとPCの前にいるようになってしまう人も多く、中国語にはそんな状態に関する適当な言葉が無かったので、「宅男」「宅女」はまさにうってつけの言葉として広まったという話です。

 しかしこの「宅男」「宅女」の意味の変化により思わぬ混乱が生まれることもあるようです。 「宅男」「宅女」が新しい意味の方で広く使われるようになってからも「オタク」という意味が消えたわけではありませんし、翻訳の過程で誤解が生まれたりもするのだとか。

 例えば「日本には大きなオタク市場がある」といったニュースが中国に伝わる時に、「オタク」の部分を「宅男」「宅女」あるいは「宅」として訳すことから、人によっては「日本には大きな引きこもり市場がある」という謎のニュースとして受け取ってしまうといったことが起こっています。一応、ニュース本文を読めば「オタク」の方の話だというのは分かるはずなのですが、タイトルだけで誤解してしまう人も少なくないそうです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング