【後編】17歳の少年による “体験殺人” ルポルタージュから、佐世保同級生殺人を読み解く

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月20日 12時10分

写真

『人を殺してみたかった 愛知県豊川市主婦殺人事件』(藤井誠二:著、山田 茂:写真/双葉社)

 14年前に老女殺人事件を起こした17歳の少年の“供述”をもとに取材を行い、『人を殺してみたかった 愛知県豊川市主婦殺人事件』(双葉社)を上梓したノンフィクション作家の藤井誠二さんが、先月長崎県佐世保市で起きた高1女子による同級生殺人事件を考察するインタビューの後編。(【前編】は本記事下の「関連記事」からお読みいただけます)。

関連情報を含む記事はこちら

■報道が抑制される少年犯罪は、事件の真相に迫ることが難しい

 本書の中で、藤井さんは、少年犯罪の真相に迫ることが難しいジレンマにも触れている。少年の内面で何が起きていたのか、いくら心の闇を探ろうとしても、加害少年は少年法のもとで守られ、各報道機関も断片情報のみしか得られないためだ。

「この事件の場合は、たまたま僕が取材を通して彼の供述を知り得たので本に書くことができましたが、少年法では犯行時に16歳以下だったら、刑事処分にならずに、家庭裁判所で審判します。そうなると少年法の精神を遵守して、事件に関する情報統制がなされるという保護主義がつらぬかれる。仮に、刑事処分が相当とされて検察官のもとへ逆送致されて刑事公判が行われても、公判はついたて越しになってしまうし、通常の事件に比べて得られる情報には限度があります。

 個人的には、できるだけ裁判は公開したほうがいいと思っています。事実関係は秘匿するべきではなく、加害者の少女のパーソナリティの一断面、一側面だけでも法廷に現れるわけですから、それは多くの人が現実として受け止めたほうがいいと思います。ただ、それがまったくできないとなると、家裁で審判を何度も繰り返して、1997年の神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔聖斗と同じように、医療少年院送致になる可能性が高くなります。豊川事件の加害少年も医療少年院送致になりましたが、今どうしているのかはわかりません」

 テレビや新聞、ネット越しに事件の展開を追う者にとっては、その全容は永遠に明かされず、そして知らぬ間に決着がつき、真相は闇の中にとざされてしまうことになる。


■緊急性の高い子どもたちに対して脆弱すぎる日本のシステム

 藤井さんによれば、2000年の豊川の事件以降に、家庭裁判所調査官研修所が少年事件の単独犯・集団犯のケーススタディを集めた『重大少年事件の実証的研究』という冊子をまとめている(ただしこの冊子には豊川事件はふくまれていない)。このような国主導によるデータ収集と専門家の考察は重要だが、そこから何を導きだし、今後同じような事例が起きた場合にどうするかなど、具体的な対策を策定するまでには、研究結果がフィードバックされていないのではないかという。

「佐世保市では、10年前に同じく佐世保で起こった小6女子による同級生殺害事件を教訓に、ずっと“命の教育”を行ってきました。それはそれでとても大切なことです。しかし、10万人の子どもに広く浅く行うよりも、ひとりかふたりの特異なパーソナリティをもちあわせる子どもの個別性に対する、手厚く徹底的な対応の必要性を導き出さなくちゃいけない。緊急性の高い子どもたちを優先的かつ重点的にケアするシステムが、とても脆弱なんです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング