“在宅オタ×現場オタ” アイドルオタクのリアルを描いたマンガ『ミリオンドール』が話題【著者・藍さんインタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月25日 19時0分

写真

Webマンガ『ミリオンドール』

 アイドルを取り巻く世界は、2010年前後を境に劇的な変化を遂げた。戦国時代と呼ばれたのも今や昔のようで、過渡期へ差しかかっているようにみえる。分類上の定義は様々であるものの、全国的に広く知れ渡るメジャーアイドルや、ライブで地道に実力を高めていく地下アイドル、地域に密着したローカルアイドルなど、挙げればキリがないほどに、たくさんのアイドルが現在もひたむきに活躍している。

関連情報を含む記事はこちら

 そして、社会的にみても、アイドルへの興味や関心も広まっているように思える。アイドルをテーマにしたコンテンツは増え続け、活字や映像を通して様々な視点から語られているが、無料のWebマンガ『ミリオンドール』は、従来とは異なる視点から描かれた作品として話題を集めている。

 2013年12月から無料の新作マンガ配信サービス『GANMA!(ガンマ)』で連載を開始した本作では、アイドルの成功までの軌跡を辿るだけではなく、自宅からアイドルを応援する「在宅オタ」、ライブという名のいわゆる現場へ積極的に足を運び続ける「現場オタ」の視点も取り入れ、アイドル本人や運営側の内情までを緻密に表現しながら、アイドルを取り巻く現実を、ときに生々しく描いている。

 アイドルを愛してやまないドルオタのみならず、わずかでもアイドルへ興味や関心を持つ人であれば様々な感情を巡らされるであろう本作。著者の藍さんに、作品誕生までの経緯などを伺った。

 藍さんがアイドルへ傾倒しはじめたのは、2009年。友人からAKB48・ひまわり組の公演に誘われたのがきっかけだった。現場で見たアイドルたちの魅力に惹かれ、やがて、メジャーアイドルから地下アイドルに至るまで、単独ライブやフェスなどへ積極的に足を運ぶようになったそうだ。これまで見てきた現場は、多いときで年間に約100カ所以上。みずからの目や耳、そして、一人のファンとして現場の熱気を全身で体感してきたという。

 インタビュー中の受け答えからも、アイドルへの思いや情熱がひしひしと伝わってきたが、自身がマンガ家として、アイドルを取り巻く世界を描くようになったきっかけは何だったのだろうか。

「元々は、『ルートM』(コミックスマート(株)が手がけるマンガ家の育成・輩出を目的とした新人マンガ家支援プログラム)へ応募したのがきっかけでした。応募書類には『アイドルものを描きたい』と記載していたのですが、『GANMA!(ガンマ)』(現在、藍さんが連載中のマンガ配信サービス)の編集長から“アイドルにバトルを組み合わせたモノを作って下さい”と言われたんですね。その後、面談のときに『ミリオンドール』の原案を企画書として提出しました」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング