男子必見!女性のホンネがわかる“ぶっちゃけガールズマンガ”はコレだ!?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月28日 11時30分

写真

『ラブラブエイリアン』(岡村星/日本文芸社)

 女性の本音が知りたい……きっと男ならだれもが持つ願望だろう。それゆえなのか『臨死!! 江古田ちゃん』(瀧波ユカリ/講談社)や『miifa』(ひなきみわ/講談社)、『アラサーちゃん』(峰なゆか/ KADOKAWA メディアファクトリー)といった女性の本音が赤裸々に描かれたマンガの人気は高い。そんな女性の本音を描いた「ぶっちゃけガールズマンガ」とでも呼びたくなるようなジャンルで、恐ろしいほどのオーラを放つ作品を発掘した。その名も『ラブラブエイリアン』である。『誘爆発作』(講談社)で異才の名をほしいままにした女性マンガ家、岡村星が描くこの作品。キングオブオッサン雑誌『週刊漫画ゴラク』でおなじみの日本文芸社から出されているという時点で、なかなかの強者オーラをまとっている。しかも、「ぶっちゃけガールズマンガ」のなかでは異色な、いわゆる宇宙人ものである。いったい全体、どんな内容なのだろうとページをめくってみると……フリフリの服を着ている女性を「ヤリ逃げされても気付かない系の頭悪い格好」と言っているだと……こいつはかなり、レベルが高そうだ。

関連情報を含む記事はこちら

 物語は、女性専用アパートに暮らす主人公・園美のもとへ、部屋の窓をぶち破りながら宇宙船が突っ込んでくるところからはじまる。宇宙船からは手のひらサイズの大きさしかない宇宙人が現れ、事故で不時着してしまい宇宙船の修復が終わるまでここに留まるしかないと話す。しかし、その理由が「ココ女性専用アパートだしなー」という、ポイントはそこかよ!とツッコまざるを得ないものだったので悩む園美だが、宇宙人のおかげで別れる寸前だった彼氏と仲直りできたことで、一緒に住むことに。いったい、園美の日常はどうなってしまうのか!?

 というような、ある種ありきたりな宇宙人ものの設定ではあるのだが、先述したとおり、ぶっちゃけガールズマンガであるこの作品のキモは、そんなところではない。というより、宇宙人はいることはいるのだが、ただそれだけ。スポットライトをあびるのは、便利な道具で登場人物たちの願いを叶えるときくらいである。宇宙人そっちのけで繰り広げられる、園美やアパートの他の住人たちの本音トークがこの作品のキモなのだ。

 といってもその本音トーク、他の「ぶっちゃけガールズマンガ」と同じか、もしくはそれ以上に、2次元で夢みがちになっている男の幻想を粉砕してくれる勢いと恐ろしさがあるのだ。たとえば、合コン会場でメンバー全員が宇宙人によって本音しか話せなくなったときなんか、もう、すごい。女性メンバーのひとりが発したセリフが「性欲だけで合コン来んな!! そんな抜きたかったら風俗行けよ!!」である。思わず「ひぃっ!」と鳴いてしゃがみこんでしまいそうになるほどのセリフだが、これなんかまだまだジャブ程度にすぎない。「優しくて生活力のある男としか タダで女とやれないシステムになってンだよ 日本は」といった耳の痛いセリフも出てくるし、合コンに参加した男メンバーのひとりを指して「この中で一番 精子濃そう」とかも言っちゃったりする。また、友人の彼の顔を「男性器みたいな顔」と表現したりもするのだから、恐い、恐いよ女性の本音!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング