「人には抜かないトゲがある」辻村深月×藤巻亮太対談

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月15日 5時50分

写真

『太陽の坐る場所』(辻村深月/文藝春秋)

 公開中の映画『太陽の坐る場所』の舞台は、原作者・辻村深月の故郷でもある山梨県。主題歌の『アメンボ』を歌う藤巻亮太(レミオロメン)も山梨県出身、しかも、偶然にも辻村さんの故郷の隣町出身で、今は合併して二つの町は同じ市になっているという。さらには同学年だという二人が、やはり同郷という矢崎仁司監督がメガホンをとった同映画公開を記念し、『ダ・ヴィンチ』10月号で対談を行っている。

関連情報を含む記事はこちら


【辻村】主題歌の「アメンボ」がラストで流れてきた時、“あ、高間響子の歌だ”と思ったんです。クラスの女王として君臨し、欲しいものは何でも手に入ると信じていた、そして今はその輝きを失っている響子の。彼女の歌ではあるんだけど、登場人物ひとりひとりにも寄り添ってくれる歌だなと。

【藤巻】 ありがとうございます。

【辻村】 この小説を書いた時、意識していたのは、周りから見ると痛かったり、大したことじゃなくても、本人たちはすごく必死な、その部分。正しくはできないかもしれないけど、自分の思う正しさに忠実でありたいと思う人たちを大事に書きたかった。そのひとりひとりを、傷も痛さも丸ごと受け止めてくれるような歌だと思ったんです。それは歌詞にあるアメンボの“飛べない”というところや、情景の感じとすごく似合っていて。でも多分、この歌が流れてきて一番感動したのは矢崎監督だと思う。

【藤巻】 ははは(笑)。

【辻村】 私は2番目に感動したという自信があります(笑)。

【藤巻】 気に入っていただけてうれしいです。小説は群像劇の中で、いろんな人のそれぞれの10年が高校の時と絡み合っていくものだったんですけど、映画になって、かつての光と影が入れかわったふたりのキョウコを中心に展開していくことになった時、監督がおっしゃっていたのは、人には抜かないトゲがある、ということだったんです。

【辻村】 抜かないトゲ、ですか?

【藤巻】 トゲだったら抜きたいでしょう。痛いし、じんじんするし。だけど、それを抜いてしまったら、自分がバラバラになってしまうようなトゲもあると。その矛盾が僕はすごく人間ぽいなって思ったんです。そこに“生きていく”ということをすごく感じたんですね。その部分をうまく音楽で描けたらいいなと。それは向き合わないと、じんじんしないもので、この物語では同窓会がそうですけど、向き合うタイミングってあるんですよね。そして向き合った時にどうするか。そんな瞬間に立ち会わせてもらっているようなドキドキ感と切迫感みたいなものが感じられて。そんな時、僕は肩を押してあげたいなって。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング