フェイスブック本社にも取材! スマホ世代のSNSいじめ最新事情

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月16日 12時10分

写真

『ある日、私は友達をクビになった――スマホ時代のいじめ事情』(エミリー・バセロン:著、高橋由紀子:訳/早川書房)

 いつの時代もいじめはある。筆者の学生時代もいじめや仲間外れはあり、自分自身も例外ではない。しかし、それは学校の中の出来事であり、放課後や休日はつらさから解放される安らぎのひとときであった。

関連情報を含む記事はこちら

 最近の子どもたちはどうであろう。インターネットが普及し誰もがSNSを使う今、子どもたちの安らぎの場はどこにもないのではないだろうか。家に帰っても、どこか遠くへ遊びに行っても、いじめや仲間外れは24時間インターネット上で続いている。

『ある日、私は友達をクビになった――スマホ時代のいじめ事情』(エミリー・バセロン:著、高橋由紀子:訳/早川書房)では、アメリカのジャーナリスト、エミリー・バゼロン氏がインターネット上のいじめについて調べたことが書かれている。フェイスブック本社でも取材を行った彼女の話から、日本でも問題化しているインターネットいじめの解決方法を探っていきたい。

■インターネット上のいじめがひどくなる原因とは

 解決方法を探る前にまず、インターネット上のいじめについて知ることが大事だ。インターネット上のいじめは学校で行う直接のいじめよりも大きな問題になりやすい。その理由は大きくわけて5つあるとバゼロン氏は言う。

(1)ウェブ上では常に人々が繋がっているため、いじめから逃げるのが困難である。家に帰っても常にオンライン上で自分がいじめられていることを確認できてしまう。
(2)相手の目を見ることなく、離れた場所から、ひどい書き込みや相手をバカにした写真を送ることができる。加害者側も自分がひそかに行っている感覚に陥りエスカレートしやすい。ハンドルネームなどを使っていると更にひどくなる傾向がある。
(3)聴衆の存在がある。インターネット上でのいじめは現実世界とは違い、たくさんの人が目撃することができる。フェイスブック上でいじめが行われればあっという間に友達の友達までが見ることができ、悪い噂話は広まってしまう。
(4)ウェブにはバイラル性がある。たった1回のクリックで悪意に満ちたスレッドや写真、動画が無制限に送付され、切り貼りされたり、印刷されたりする。ほとんどの場合、それらのコンテンツはネット上にとどまり続ける。
(5)インターネット上では低所得層、黒人の女の子など差別が起こりやすく、所得が低い家になればなるほどネット上で不快な思いをした子どもが多くなる。

 このようなインターネット上のいじめの特徴を考えると、普通のいじめとはまた違った解決方法が必要になってくるのではないだろうか。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング