年金、貯蓄、人間関係… 女ひとり人生が知るべき老後の知識

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月25日 12時0分

写真

『38歳からの! 女ひとり人生 お金&暮らしの不安が消える本』(かなつ久美:著、田辺南香:監修/KADOKAWA メディアファクトリー)

 最近、女子会で年金やら老後の話を持ち出す者が現れ、自分がいつの間にか年を重ねていたことに気づかされた。ふわふわと恋愛話に華を咲かせていた頃に戻りたいが現実は確実に迫ってきてくる。特に、独身で結婚相手も見つけられそうにないと自覚する者にとって、その現実は重い。いかにして女一人で老後に備えたら良いのだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 『38歳からの! 女ひとり人生 お金&暮らしの不安が消える本』(KADOKAWA メディアファクトリー)は、漫画家・かなつ久美氏(バツ1独身、もうすぐ50歳)&貧困系独身女子H(一般事務、38歳)が、先送りにしていた、これからのお金&住まいのこと人生のことを真剣に考えたコミックエッセイだ。ファイナンシャルプランナーでお金コンシェルジュの田辺南香氏からのアドバイスには納得させられる。この本を開けば、女一人での老後の生活に今からしっかりと備えることができるだろう。

 老後、私たちはどのくらいの収入を得られるのだろうか。老後の収入といえば、年金。これから先、給付額の減少や給付開始年齢の変更(現在は65歳だが、67~8歳に変わることが検討されている)は考えられるが、全く給付されなくなるということは考えにくいと田辺氏は語る。公的な年金制度には職業や立場に関わらず共通の「国民年金」制度があり、老後、フリーランスや自営業の人は「老齢基礎年金」だけだが、会社員や公務員は「老齢厚生年金」や「退職共済年金」をもらうことができる。それはこんな計算式で求めることができる。

(2014年4月時点の水準)

・保険料納付期間◯年×1.932=老齢基礎年金支給額◯万円 / 年 
・平均年収◯万円×加入期間〇年×0.005481=老齢厚生年金支給額〇万円/ 年

 たとえば、企業に勤めて平均年収300万円で65歳まで働くとすると、加入期間は42年となり、保険料納付期間42年×1.932≒老齢年金支給額 約81万円 / 年、平均年収300万円×加入期間42年×0.005481≒老齢厚生年金支給額 約69万円 / 年 もらえることになる。これを12カ月で割ると、老後に支払われる金額は月々12万5000円。年金額は物価変動によって変わるため、あくまでも現時点での目安だが、具体的に知ることができれば、老後の生活に関しての改善点が明確になるだろう。「民間年金の方が得では?」と疑問に思うかもしれないが、月に12万円の年金をもらえる民間の保険に入ろうとすると、保険料は月々4万円以上の支払いが必要。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング