2,000テイクも重ねる超こだわり派! 人気歌い手、ぐるたみん独占取材

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月25日 19時50分

写真

11月に発売予定のニューシングル「センセーション・シグナル」

 「歌ってみた」というニコニコ動画から始まったムーブメント。メジャー音楽シーンにどこまで食い込むことができるのか。
 この前代未聞の挑戦をしているのが、人気歌い手ぐるたみん氏である。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

 ぐるたみん氏といえば、2009年からニコニコ動画にて歌を披露し、『【うるおぼえで歌ってみた】only my railgun【ぐるたみん】』が、700万再生を突破。ファーストアルバム『ぐ』は、10万枚以上を販売しゴールドディスクに認定された。

 CDが売れないといわれている時代に快挙を成し遂げている。今回、シングルリリースという挑戦に、なぜ至ったのか。ぐるたみん氏を直撃してみた!


■105歳にして驚きの美声

 都内某所に現れたぐるたみん氏は、細身の華奢なスタイル。そしてオーダーした飲み物は、コーヒーフロート。

「メロンソーダとか、アイスフロートが大好きなんですよ。本当はのどを労らなければいけないのですけどね」

 自称105歳にしては、選り好みしない健啖家である。

 さっそくこの度の挑戦の裏側を聞いてみた。

「アルバムチャートは1stおよび2ndは、オリコンチャート5位まで達しました。そして今年3月に3rdアルバムを発売しました。デビュー当時の2011年よりも、認知されてきたかと思います。そこでもう一段高いハードルに挑もうと思ったのです。シングルはアルバムより購入者は少ないんです。それにシングルチャートを争うのは、そうそうたるメンツのアーティストばかり。気合いを入れて楽曲をつくりました」(ぐるたみん氏、以下同)


■『天樂』との出会い

 その楽曲とは『センセーション・シグナル』。おなじみの作詞作曲家・ゆうゆ氏と組み、自身の代名詞であるハイトーンボイスを惜しげもなく披露している。

「ゆうゆさんには、今までもいくつも楽曲を提供してもらっています。毎回、イメージ通りの曲が上がってくるのですが、今回も信頼してのお願いでした。テーマはずばり『戦い』です。いい感じにイケイケな曲になっています!」

 シングルチャートへの果たし状となる、今作を手がけたゆうゆ氏とは、メジャーデビューする前にさかのぼる。

「ニコニコ動画に投稿してまだ間もない頃に、ゆうゆさんの楽曲『天樂』に出会って。すごくいい曲だと思って。それまでは、“うるおぼえ(うろ覚え)”で歌っていたのですが、ちゃんと歌ってみたいと思った楽曲ですね」

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング